スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進学校」の地域格差

おはようございます。
銚子・旭の学習塾予備校、翔英館です。
IMG_9944.jpg


そろそろ千葉県公立高校入試の前期試験、そして大学受験の一般入試も徐々に始まっています。
昨日も何人かの高3生を「行ってらっしゃい!」と送り出しました。

さて、「進学校」という言葉について。
何を以ってして「進学校」なのか、は人それぞれかもしれません。

「自称進学校」や「自他共に認める進学校」や「地域の中では進学校」などなど。

当然大学受験では「学区」はありませんので、全国のすべての高校生がライバルになるわけですが、銚子の地域では都心部や千葉県でも北西部に比べると、「進学校」の基準が甘くなります。

北西部地域では「地域2番手校、3番手校」程度の偏差値の学校でも、「進学校」と言われ、「あそこに行けば天才!」的に言われる様なケースも多く、ある意味「とても出来る子」にとっては不幸な環境とも言えます。

ただ、繰り返しますが「地域の中では進学校」の認識のままでは、大学受験でまともに戦う事は出来ません。
そういった意味で、翔英館は「広い世界を見せてあげる」事がとっても大切だな、と考えています。

銚子地域の「進学校」と言えば、、、、。
市立銚子、匝瑳、佐原、清真学園。

中学校の中では、正しいレベルを認識せず、「雲の上の存在」の様に狙う事すら諦めている様な子がいるそうです。
この辺もしっかりと指導しないとなりませんね。

さて、問題の「進学校」ですが。
私が自分で勝手に「進学校」をセレクトしていくのもなんですので、とある基準を定めました。
それは、「東京大学に1名でも合格していれば進学校」とし、そのランキングをさらってみました。
(まあ、どの学校にも「突然変異」みたいな子もいますので、「1名」の高校はどうかな?とも思いますし、早慶の附属校などはあまり外部進学をしないので、この基準もどうかな、とは思うのですが、一応)

以下、2016年春の入試結果。太字は千葉県、茨城県の高等学校です。

1. 開成高校 170名
2. 筑波大学附属駒場高校 102名
3. 灘高校 94名
3. 麻布高校 94名
5. 渋谷教育学園幕張高校 74名
6. 聖光学院高校 71名
7. 桜蔭高校 59名
8. 栄光学園高校 57名
8. 駒場東邦高校 57名
8. 東京学芸大学附属高校 57名
11. ラ・サール高校 44名
12. 豊島岡女子学園高校 40名
13. 早稲田高校 37名
14. 久留米大学付設高校 36名
15. 女子学院高校 34名
16. 東京都立西高校 32名
16. 西大和学園高校 32名
16. 筑波大学附属高校 32名
16. 千葉県立千葉高校 32名
20. 浅野高校 30名
20. 海城高校 30名
20. 渋谷教育学園渋谷高校 30名
23. 栄東高校 27名
24. 武蔵高校(私立) 26名
24. 愛知県立岡崎高校 26名
26. 攻玉社高校 21名
27. 広島学院高校 20名
27. 東京都立国立高校 20名
27. 桐朋高校 20名
27. 神奈川県立横浜翠嵐高校 20名
31. 茨城県立土浦第一高校 18名
32. 開智高校 17名
32. 愛光高校 17名
34. 白陵高校 15名
34. 暁星高校 15名
36. 東京都立小石川中等教育学校 14名
36. 茨城県立水戸第一高校 14名
36. 洛南高校 14名
39. 市川高校 13名
39. 愛知県立一宮高校 13名
39. 愛知県立刈谷高校 13名
39. 青雲高校 13名
39. 巣鴨高校 13名
39. 大宮高校 13名
45. 静岡県立浜松北高校 12名
45. 高田高校 12名
47. 本郷高校 12名
47. 城北高校 12名
47. 白百合学園高校 12名
47. 東京都立武蔵高校 11名
51. 逗子開成高校 10名
52. 愛知県立明和高校 9名
52. 北嶺高校 9名
52. 岡山県立岡山朝日高校 9名
55. 群馬県立前橋高校 8名
55. 千葉県立船橋高校 8名
55. 秋田県立秋田高校 8名
55. 富山県立高岡高校 8名
59. 群馬県立中央中等教育学校 7名
59. 世田谷学園高校 7名
59. 神奈川県立相模原高校 7名
59. 金沢大学附属高校 7名
59. 宮崎県立宮崎西高校 7名
59. サレジオ学院高校 7名
59. 修道高校 7名
59. 東京都立戸山高校 7名
59. 広島大学附属福山高校 7名
59. 鴎友学園高校 7名
59. 東邦大学付属東邦高校 7名
59. 宮城県立仙台第二高校 7名
59. 六甲高校 7名
59. 滝高校 7名
59. 大阪府立北野高校 7名
74. 福島県立福島高校 6名
74. 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 6名
76. 長崎県立長崎西高校 5名
76. 茨城県立並木中等教育学校 5名
76. 吉祥女子高校 5名
76. 東京都立白鴎高校 5名
76. 昭和薬科大学付属高校 5名
76. 堀川高校 5名
76. 桐蔭学園中等教育学校 5名
76. 愛知県立半田高校 5名
76. 広島大学附属高校 5名
76. 鳥取県立鳥取西高校 5名
86. 片山学園高校 4名
86. 長崎県立長崎東高校 4名
86. 浦和明の星女子高校 4名
86. 公文国際学園 4名
86. 須磨学園高校 4名
86. 神奈川県立柏陽高校 4名
86. 東京都立立川国際中等教育学校 4名
86. 弘学館高校 4名
86. 岡山白陵高校 4名
86. 埼玉県立春日部高校 4名
86. 北海道旭川東高校 4名
97. 國學院大学久我山高校 3名
97. 東京都立青山高校 3名
97. 専修大学松戸高校 3名
97. 桐光学園高校 3名
97. 昌平高校 3名
97. 広島県立広島高校 3名
97. 桐蔭学園高校 3名
97. 成蹊高校 3名
97. お茶の水女子大学附属高校 3名
97. 南山高校 3名
97. 頌栄女子学院高校 3名
97. 福島県立安積高校 3名
97. 東京都立八王子東高校 3名
97. 青森県立八戸高校 3名
97. 静岡県立磐田南高校 3名
97. 新潟県立長岡高校 3名
97. 香川県立丸亀高校 3名
97. 山梨県立甲府南高校 3名
97. 東京都立立川高校 3名
97. 兵庫県立長田高校 3名
97. 東京都立桜修館高校 3名
97. 千葉県立東葛飾高校 3名
119. 済美平成中等教育学校 2名
119. 徳島文理高校 2名
119. 新潟明訓高校 2名
119. 近畿大学附属和歌山高校 2名
119. 広尾学園高校 2名
119. 芝浦工業大学柏高校 2名
119. 群馬県立太田高校 2名
119. 東京都立両国高校 2名
119. 大宮開成高校 2名
119. 穎明館高校 2名
119. 学習院女子高等科 2名
119. 洗足学園高校 2名
119. 西南学院高校 2名
119. ノートルダム清心高校 2名
119. 清真学園高校 2名
119. 横浜雙葉高校 2名
119. 東京都立国分寺高校 2名
119. 海陽学園海陽中等教育学校 2名
119. 奈良学園高校 2名
119. 雲雀丘学園高校 2名
139. 神戸海星女子学院高校 1名
139. 昭和学院秀英高校 1名
139. 淑徳与野高校 1名
139. 神奈川大学附属高校 1名
139. 光塩女子高等科 1名
139. 学習院高等科 1名
139. かえつ有明高校 1名
139. 開智未来高校 1名
139. 茗渓学園高校 1名
139. 湘南白百合学園高校 1名
139. 大阪教育大学附属高校平野校舎 1名
139. 静岡県立浜松西高校 1名
139. 滋賀県立彦根東高校 1名
139. 本城東高校 1名
139. 麗澤高校 1名
139. 獨協高校 1名
139. 共立女子中学高校 1名
139. 湘南学園高校 1名
139. 江戸川女子高校 1名
139. 横浜共立学園高校 1名
139. 滝川高校 1名
139. 岐阜県立関高校 1名
139. 京都府立洛北高校 1名
139. 淳心学院高校 1名
139. 福島県立磐城高校 1名
139. 大阪明星学園明星高校 1名
139. 成城高校 1名
139. 千葉市立稲毛高校 1名
139. 順天高校 1名
139. 早稲田大学系属早稲田実業学校高等部 1名
139. 八王子学園八王子高校 1名
139, 智辨学園奈良カレッジ 1名
139. 青山学院高等部 1名
139. 西武学園文理高校 1名
139. 山手学院高校 1名
139. 帝京大学中学高校 1名
139. 星野高校 1名
139. 本城第一高校 1名
139. 東京学芸大学附属国際中等教育学校 1名
139. 佼成学園高校 1名
139. 東京農業大学第一高校 1名

1名でも東大に合格させた学校は、全国6746校中、179校。
実際の判断は難しいですが、「コンスタントに毎年」合格させていれば、進学校と言えるかも知れません(まぐれや突然変異ではない、という事です)が、この辺りは人によって判断は分かれると思います。
数値だけみると「開成」がぶっちぎりの様に見えますが、実は卒業生の比率で言えば筑波大駒場の圧勝です。
千葉県では、渋谷幕張と県千葉が「屈指の進学校」と言えるでしょう。
銚子近隣の高校では、清真学園で2名の合格者がいます(文科三類、理科一類)。

では、以下は「市立銚子、匝瑳、佐原、清真学園」の近隣の「進学校」と、「県立千葉、渋谷幕張、開成」の合格実績を比較した表です。
名称未設定
名称未設定2

東大合格だけでは測れないかもしれませんが、その他の旧帝大や早慶、上智、理科大、MARCHの合格者を見ても、全国の「真の進学校」と比較してよいのか?という気になりますよね。

繰り返しますが、大学受験に「学区」はありません。
受験で、隣の席に座った子が「開成や灘や筑駒の生徒」という可能性があるわけです。

そして、この辺りでは「すごく出来る子」の代名詞、清真学園中の首都圏模試合格80%の偏差値は「46」。
筑波大学駒場中は「78」。
開成中は「77」。
渋谷教育学園幕張中は「76」。
県立千葉中は男子が「73」、女子が「72」。
成田高附属中は「53」。

いえ、決して「この辺の進学校」を貶めているとかそういうわけではありません。「最終的な敵はどのレベルなのか?」をわかっておいて欲しいという事です。戦うのは「近所の子」ではなく、全国の子。「お山の大将」の感覚のままでは、大学受験には勝てません。

もう少し辛辣な言い方をすれば、清真学園中に通わせている保護者の方の中で、「公立中の子を馬鹿にしている」様な方もいらっしゃるのですが(もちろん全員ではありません)、それは「井の中の蛙」というものです。公立中でも1番〜5番程度に入っている子であれば、充分に旧帝大や早慶を狙える可能性を持った子がいます。

「近所で比較して優越感に浸る」のではなく、「全国に目を向ける」様にしましょう。
(いや、清真学園に通っている「生徒さん」はちゃんと全国とのレベル差をわかっています)。

翔英館スタッフは、上記の高校や中学の受験を担ってきた経験があります。
東京学芸大学附属や、筑波大学駒場、開成、渋谷幕張、市川、東邦大東邦などの受験を通した事もあります。
逆に、「偏差値75あった子を開成高校受験に落としてしまった」経験などもあります。また、中3スタート時で偏差値48だった子を、1年間で県立千葉高校に合格させた様な経験もあります。
全国屈指の名門がどれだけ高い壁なのか、大学受援時にどれだけこの子たちが高い壁になるのか、しっかりと理解しています。

「そこだけ」を見ているのではなく、広いレンジで「すべて」が見えて、ようやく戦略が立ちますよね(だからこそ、翔英館は基礎のレベルから高いレベルまで、すべての生徒さんを指導する事が可能なのです)。

「理屈や伝聞」ではなく、その様な広い世界の事を、「実体験」として伝えられる(経験のある)スタッフが複数いる翔英館では、日々その様な「未来」に目を向けさせて、指導を行っております。
その「未来」の事や「広い世界」の事に、いつ気がつくか?だと思うのです。
中1なのか、高3なのか、、、、。

「一生銚子の外に出ません」というのであれば、良いんですけどね、、、。
環境って、とっても大切です。

新年度説明会2017

銚子・旭の学習塾予備校、翔英館です。

IMG_9932.jpg

ここ数日の寒さも嘘の様に、今日はかなり暖かい日でしたね。
そろそろ高3生は受験に「出陣」し始めています。
高3の授業もほぼ「終了」し、しばし暖かく見守るしかない、そんな心境です。

「頑張れ!」なんて言わない。まだまだ「一緒に頑張ろう!」
僕たちがついている!

さて、本日は新年度説明会のお知らせ。

2月、3月で数回ご用意しています。
翔英館生のみならず、新年度から塾をお探しの方、塾を変えたい方、翔英館にちょっとでも興味のある方、皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。

情報戦に強い!翔英館の、新年度説明会で受験や教育の情報をゲットして、学習を有利に進めましょう。
いや、もし「翔英館には興味がない」としても、「受験に必要な情報」をゲットする場としてお使い頂けます。
正確で迅速な情報をお届けするネットワークには、自信があります。
IMG_9295.jpg


==============================================
<当日予定している内容>
------------------------------------------
・2016年活動報告
 1)千葉授業力アップ研修
 2)全国模擬授業大会
 3)SHOW!栄冠てれび
 4)ゲスト講演会
 5)防犯セミナー
 6)夏期合宿
 7)千葉学習塾協同組合年末研修
 8)全国学習塾協会コンプライアンス研修
 9)15周年
 10)千葉県公立高校入試解答と解説
------------------------------------------
・翔英館のシステムや理念の再確認
 1)パンフレットを使ったご説明
 2)新年度のキャッチコピー(目標)
------------------------------------------
・新年度の取り組みや変更点
 1)校舎の移転とリニューアル
 2)送迎バス
 3)公教育連携
 4)指導システムの一部改良
 5)参考図書のさらなる充実
 6)小規模サテライト校
 7)安心安全面のさらなる強化
 8)小学生&未就学児童対応のさらなる強化
------------------------------------------
・新年度受講料、新年度開館スケジュール
------------------------------------------
・成績のあがる指導のしくみ
------------------------------------------
・各種教育情報
 1)大学受験の変革
 2)高校受験のしくみと前後期の統一について
 3)部活動への対応(文部科学省通達)
 4)リメディアル教育
 5)塾業界のコンプライアンス遵守
 6)所得と学力の相関性
------------------------------------------
・教育業界の変革
 1)アクティブラーニング
 2)発達障害教育
 3)不登校引きこもり教育
 4)公教育連携
 5)教育ICT
------------------------------------------
・各校舎ごとのコンセプトのご紹介
------------------------------------------
・翔英館のスタッフ研修について
------------------------------------------
・その他 質疑応答など
==============================================

<日程>
2月18日(土) 13:00〜14:30(銚子本校)     ※定員60名
2月19日(日) 14:00〜15:30(銚子駅前通り校) ※定員50名
2月24日(金) 19:00〜20:30(銚子本校)     ※定員60名
2月25日(土) 13:00〜14:30(銚子本校)     ※定員60名
2月26日(日) 13:00〜14:30(旭校)        ※定員20名


※翔英館生の中学3年生以外は、上記の日程のいずれかに「必ず」ご参加ください。
学習を有利に進めるために、「絶対に」必要な情婦をお伝えしますので、親子でご参加くださる事が理想です。
※旭校の生徒様は、2月18日、2月25日、2月26日でご出席下さい(25日、26日はSIC回線でのご参加となります)。
※観音校の生徒様は、銚子本校の説明会にご参加下さい。

3月12日(日) 13:00〜14:30(銚子本校)     ※定員60名
※中3生(新高校1年生)向けの説明会です。他の学年の方がご出席頂く事も可能です。

おいおい!と思った話

私は知らなかったのです。

千葉県公立高校入試の前期選抜の「入試方式」を、近隣の中学校で全く指導していない、ということを。
つい最近、とある学校の先生とお話をしたら、「知らなかった」というので(!)、
うちの生徒たちに聞いてみましたところ、口を揃えて、「そんなことは教わっていない」という事でした。

今度入試をする中3生も、もちろん中2以下の生徒も、、、、、
そして高校生も「自分がどうやって入試を通ったのか?」を知らないのです。
なんとなく前期試験を受けて、不合格になったらなんとなく後期試験を受けて合格していたようなのです。

そんな根本的な話は当然学校の進路指導で行っていると思っていました。
ですから、「そんな事知ってるよ!」と言われるのを避けるために、あえて話をしてきませんでしたが、、、、。

現中2生の「千葉県公立高校入試」の概要もすでに発表されていますが、未だに「来年試験が一本化されるかもしれないぞ!」というとんでもない事を言っている学校の先生もいるようで。 ※28年11月の入試改善協で「一本化」は見送りになっていますので、現小6までは今まで通り前期後期制です。

また、近隣の他の塾さんでは、「●●高校は前期は最低何点取れれば合格するから大丈夫」といった言い切り型の進路指導をしている様なところもあるそうですが、そんな事、当日の「受験者の得点」と「内申点」と「受験者の学校のレベル」と「試験のレベル」が全てわからなければ断言できるはずがありません。運転免許試験の様な「基準に達した人は全員合格」みたいな試験ではなく、合格定員がある試験なのですから、、、。

※本題から外れますが、「進路指導」と言えば。
高3生の進路指導で、4月か5月頃に「君の滑り止めはここだ」という進路指導をする方もいる様で。
模試の結果も全然帰ってきていないし、まだまだ成績がグングン伸びる可能性があるのに、どうやって「滑り止め」を決めるのだろう?

2月の新年度説明会では、そのような「根本的な部分」も、もう一度お伝えしたいと思いました。
そして、「学校では何も話されていない」前提で、翔英館主導の進路指導を行う事にします。

では、千葉県の入試がどのように行われるのか?
=============================================================
<前期入試>
学力試験の得点+3年間の内申点+県標準値95ー学校の標準値(例:3.3×9×3=89.1)+2日目の面接作文など

例)内申点が×1の高校の場合
Aくん:学力試験330点+(中1:35+中2:37+中3:38=110)+95ー89=446点
Bくん:学力試験360点+(中1:21+中2:25+中3:24=70)+95ー89=436点

もし、この高校のボーダーが「440点」だった場合、、、。

たまに「うちの子より点数が30点も低い子が合格している!おかしい!何か裏取引が!」みたいな事を仰る方が出てきますが、3年間、真面目に定期テストで得点し、真面目に提出物を出して、真面目に授業に出ていたかどうか、の差が現れます。

ですから、「中1中2は部活に専念!中3になってから真面目に勉強!」は通じないという事になります。常に学校生活を真面目に過ごさないとなりません。

極端な例で言えば、学力はあるのに定期試験を真面目に受けず、提出物も出さないので、「3年間オール1」だった不真面目なCくんの場合。

Cくん:学力試験400点+(中1:9+中2:9+中3:9=27)+95ー89=433点

学力試験330点の子よりも、点数は低くなります。当然、Bくんが不合格であれば、Cくんも不合格です。

ちなみに、
例)内申点が×2の高校の場合
Aくん:学力試験330点+(中1:35+中2:37+中3:38=110)×2+95ー89=556点
Bくん:学力試験360点+(中1:21+中2:25+中3:24=70)×2+95ー89=506点

学力試験で30点多く得点しても、内申点如何によっては50点も多く得点する事になります。

銚子の近隣にはありませんが、船橋東、鎌ヶ谷西高校などは2倍(270点満点)としますし、逆に県立船橋高校などは半分(67.5点満点)、長生高校は40.5となります。この内申点の割合を低く設定してある高校の方が「学力がある子」には有利となりますね。

------------------------------------------------------------
<後期入試>
こちらは、「学力試験」「内申点」が「両方とも」上位80%に入っていれば、合格になります。
どちらかでも80%に入っていない場合は「2段階選考」へと進みます。

例えば、「内申点は114点で上位80%だったが、学力試験が290点で上位80%を漏れたDくん」と「学力試験は310点で上位80%だったが、内申点が80点で上位80%を漏れたEくん」が2段階選考に進んだ場合。

内申点×1の学校の場合は。

Dくん:学力試験290点+内申点114×1=404点
Eくん:学力試験310点+内申点80×1=390点

400点がラインであれば、内申点が高かったDくんの合格です。

入試当日の「得点」は、「絶対に何点取れる」みたいな保証ができるわけがありません。体調を壊している可能性もあるし、緊張でいつもよりできないかもしれないし、、、。となると、「内申点」が如何に助けになるか、がお分かりになると思います。

=============================================================

なんだか「当たり前すぎる事」だと思っていたのですが、それが私の不明の様でした。

今後「当然知っているだろうから、特に話さない」はもうやめよう、と思わされました。

出陣式!

銚子・旭・神栖の学習塾、予備校の翔英館です。

さて、受験生を対象に「出陣式」を行いました。
これから戦いに出かける中3生と高3生を対象に、翔英館スタッフから最後の最後の励まし。
出陣式

内容としては、
1)各スタッフから受験の時の注意点のアドバイス
2)塾長から総括的なお話
3)一人一人にスタッフ全員からのメッセージ付き色紙とお菓子(ウカール&キットカット)の手渡し

※余談ですが、「キットカット」は「きっと勝つ」のダジャレではなく、博多弁の「きっと勝っとぉよ!(きっと勝ってね!)」が発祥だって、ご存知でしたか?

僕たちが大好きな翔英館の生徒達へ。
伝えたい事が多すぎて、言葉みたいな薄っぺらいものでは全てを伝えきれないけど、
心のそこから、狂おしいほど愛してる!
君たちは、翔英館に通っていたんだから、大丈夫!

ここまで来たら、強い根拠なんて何もいらない。
大丈夫、大丈夫!とにかく、大丈夫!

===================================================
※2月より、「中1中2のおさらい先取り講座」「新中1の中学準備講座」が開講します。
詳細は、ウェブサイトをごらんください。

新学年に向けて、ロケットスタートダッシュ!

また、新年度説明会もご用意しております。詳細は後日。

大学入試センター試験直前!

明日はいよいよ大学入試センター試験!

毎年言っていることですが、「全力で頑張ったので、失敗しても悔いはないです!(満面の笑み)」はです。

全力で努力をしてきたなら、失敗したら悔しいはず。良くても、悪くても、涙を流してください。できれば良くて涙を流してください。

まあまあ、気楽に。
センター試験は、「最後の模試」です。そして、これからの受験開始の「大号令」です。みなさんにお伝えした方法でリラックス。世界で一番自分が出来る!と思って戦ってきてください。

IMG_9945.jpg


心は熱く!頭は冷静に!
また、明日14日は「中3生対象」の出陣式!熱い励ましのメッセージをお伝えします。

翔英館の先生は、通っているみなさんを、狂おしいほど愛してる!
みなさんの笑顔の時に、まだまだ頑張ります。

=============================

【入試途中経過】

ちらほらと大学の推薦入試の結果なども出ています。
とりあえず、「中学受験」の途中経過を。
この近辺では「清真学園」が「成田付属」が普通ですが、今年の受験生はどちらも受験していません。

北嶺中学校(北海道)
AICJ中学校(広島県)
土浦日大中学校(茨城県)

本当によく頑張っています!
まだまだこれからも結果は出ますので、頃合いを見ておしらせしますね!

冬期講習ひと段落!

銚子市旭市の大学受験、高校受験、中学受験の翔英館です。

1月6日で冬期講習終了!

①本日1月7日からは、「高3対象センター試験直前ファイナルステージ」が開講しました。
IMG_9931.jpg

今まで学習してきた成果を活かし、「最後の一押しのテクニック」を伝授する講座です。
今年は日程が4日しかなく、相当タイトなスケジュールになってしまいましたが、初日10時間を終えて「充実した笑顔」で「ためになった!」と言ってくれました。でも、「充実した!」だけではダメ。あとはその充実の笑顔を「成果」に変えていくだけです。
IMG_9935.jpg

受験は、「学力」だけではありません。「体力」「精神力」「冷静さ」「状況分析力」「問題解決力」「戦略技術」など、様々な要素が関わってきますよね。
ただ勉強を教えるだけの塾ならば、世の中に存在しなくても構わないと思っています。
翔英館では、その「すべての学習環境と合格の要素」を余す事なくお伝えできる塾だと考えています。
IMG_9933.jpg

明日も9時からスタートですが、一緒に頑張りましょうね!

②2月13日は「千葉県公立高校入試前期試験」です。

地元銚子テレビ放送で、18時から2時間生放送で、解答解説の番組を担当します。
試験終了からたったの2時間30分。近隣の他の塾さんであれば、「4時過ぎに帰ってきた生徒から問題を入手して、そこから問題を解いて、、、」という状況でしょうが、どうしてそんな事が可能なの?そこが翔英館の「特別」たる一つの理由です。

英数国理社の5教科を、各20分程度で解説しつつ、総評、二日目のアドバイスを含めてお送りします。
観られる環境にいらっしゃる方は、ぜひご覧になってくださいね!

「高校受験」は生徒たちにとって、一大イベント。こんな方向からでも、街を盛り上げたいと考えています。
大人の方も、頑張る受験生たちを応援してあげてください!子供達は我々の未来を創り上げるメッセンジャーです。

2017speventobi.png

③2月より、「中学準備講座」「中1先取りおさらい講座」「中2先取りおさらい講座」を開講します。

新中1、中2、中3生の皆さんは、どなたでも無料で受講する事が可能です!
翔英館生だけでなく、「ちょっと翔英館に興味があるなぁ」という方も、ぜひご参加ください。
※もちろん、その講座のみを受講してやめていただく事も可能です。

「ちょっと遅れちゃったな」とか、「新学年に上がる前に完璧にしておきたい!」という方、大歓迎です。
詳細の日程は、後日お伝えします。まずはお問い合わせ下さいね。

新年度生も募集中!
Rocket Start Dash!


誰よりも、何よりも孤高な存在を目指して

謹賀新年

翔英館は本日1月3日より、授業を開始しております。
2017年を迎え、翔英館はますますチャレンジしてまいります。
塾の常識に捉われない、「あったらいいな!」を実現出来る様、色々な事を考えています。

まずはセンター試験、私立中学入試、私立高校入試。
そして私立大学入試、公立高校入試、国立大学入試。

入試直前の焦りや不安を吹き飛ばす、頼もしい存在であり続けたいと考えています。

2017年の翔英館の予定。
======================================================
1)千葉県公立高校入試解答解説番組
 :地元銚子テレビ放送にて、前期後期ともに解答解説を担当します。近隣の塾にはない超スピードで問題解答を手に入れられる翔英館だからこそ実現出来るチャレンジ。前期入試当日の夜の生放送を予定しています。
※詳細の放送時刻などは後日お伝えいたします。
======================================================
2)参考図書の充実
:参考書、問題集、入試資料の書庫のさらなる充実を予定しています。翔英館生であれば、いつでも使える参考書が閲覧出来る書棚を現在の10倍以上に拡大する予定です。
言ってみれば、「塾内図書館」。「どの参考書がいいのかな?」といった悩みにも、ますます積極的に答えて参りたいと考えています。
======================================================
3)旭校がJR旭駅前に移転します!
:現在の旭校は旭第二中のそばにありますが、こちらを3月下旬を目処に旭駅徒歩30秒の立地に移転!ますます安全で通いやすい立地への移転を予定しています。
アセット 3
======================================================
4)駅前通り校3階がいよいよオープンします!
:今年の夏を目処に、駅前通り3階がオープン。どんな空間になるのかは、お楽しみ!
「翔英館の生徒でよかった!」と思っていただける空間になると思います。
======================================================
5)公教育連携授業
:近隣の高等学校と連携し、受験授業の担当を予定しています。
======================================================
6)指導コンテンツのマイナーチェンジ
:より成績が上がり、より効果のあるシステムへのマイナーチェンジを予定しています。
新世代の教育改革に向けて、アクティブラーニングや思考発想型の授業への変更を行って参ります。
「やってきた生徒を座らせて、ただ知識を教えるだけ」の塾は近い将来滅びます!(存在意義がなくなります)
======================================================
7)安全面のさらなる強化
:警察との連携、AEDの設置など、さらに「安心安全」にこだわっていきます。
IMG_9851.jpg
======================================================
8)小学生&未就学児教育のさらなる強化
:受験をしない小学生にとっても、もっともっと優しくてためになる塾に生まれ変わります。
小学生以下専用校舎「しょうえいかん」が出来て2年。よその塾に通う子とは大きな変化が出始めています!
しょうえいかんの子供たちは、「自分で作る」「自分で考える」「自分でやる」の解決力が違います。
※後日、詳細をお伝えします。
======================================================
9)送迎バス
:現在、保護者の方のニーズが一番多いのは、「送迎バスを走らせて!」です。
現在、運転手の確保など条件面での交渉を続けています。翔英館は「通学圏」が通常の塾よりも広い塾ですので、保護者の方の念願、悲願です。何とか実現出来る様に、努力致します。
送迎ワゴン
======================================================

他にも、細かいマイナーチェンジは毎日繰り返しています。
未来の事に「絶対」はありません。「絶対大丈夫」も「絶対無理」もありません。
しかし、上記の様な「大きな変化」にも、日々迅速に行動出来る様に、努力を重ねて参ります。

翔英館は、一番生徒の事を考え、一番頼りになり、一番成績が上がり、一番楽しく通え、一番通う価値がある、と皆様から仰っていただける塾を目指して、これからも精進致しますので、今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

嬉しい言葉でやる気になる

もうすぐ冬休み。

第一回の冬期講習ガイダンスも終了し、冬休みの過ごし方、成績の上がる学習方法、焦りやダラダラを「迅速や落ち着き」に変える方法、などなど、お話しました。

次回は19日(月)の19:00〜20:00で開催します。
翔英館生だけでなく、「翔英館に興味あるなぁ」って考えている人も参加大歓迎です。

IMG_9392.jpg

さて、本日の本題は「魔法の言葉」について。

もしあなたがお母さんや、奥さんや、恋人が作ってくれた料理を食べて、「おいしいな」と思ったとします。
その時、思っただけで口に出さなかったら?

頭の中ではおいしいと思っているし、感謝している。
でも、それじゃあ相手に伝わらないので、意味がないですよね。
顔の表情で相手に伝えるとか、リアクションで伝えるとか、まあ何でも良いんですけど、相手に伝えないと。

感謝謝罪の「謝」は、思ったらその気持ちを「与える」。すると「快い」と感じ、お互いに「協力しよう」と思えて、お互いに「幸せ」になる。
こんな「謝→与→快→協→幸」の連鎖は、新たな「謝」の気持ちを生んで、、、という好循環。

逆に相手を「憎む」ところから始めると、相手から何かを「奪おう」と思い、「不快」になり、「不協」が起こり、「不幸」になる。
こんな「憎→奪→不快→不協→不幸」の連鎖は、新しい憎しみを生み出す、悪循環。

まあ、ここまで極端な話じゃなくても、「相手のことを悪く思ってません。むしろ良いと思っています」だけじゃダメなんですよね。思ったら、相手に伝えること。「いつもお弁当を作ってくれてありがとう」ってお母さんに言ってみてください。たったこれだけで凄く幸せになれます。

翔英館が保護者の方や生徒さんから言われて「嬉しかった」し、「よし、もっと頑張ろう!」と思えた言葉。

「どうしてこの塾にもっと早く巡り合わなかったんだろう(ボソッと)」
「授業も設備も何もかもが素晴らしくて、こんな塾が実在するなんて、現実のことなのかと疑ってしまった」
「翔英館は例えるならば、大谷翔平だよね」
「これ、塾なんですか??」
「翔英館生であることを誇りに思ってます」
「どこの塾でも一緒だと思っていた、昔の自分を殴りたいです」
「(お会いするたびに)うちの子、先生の授業が凄くわかりやすくて、ためになるって言ってます」
「前の塾はさっき辞めてきました。体験授業は要りませんので入れてください」
「前の塾に通っていた時間、勿体なかったなって、、、」
「学校の進路指導よりも翔英館の進路指導を信頼しています」
「この街で一番進路指導に詳しいのは翔英館さんですからね(学校の先生に言われました笑)」
「今までに教わってきた、学校、塾のどれよりも遥かにわかりやすいし、やる気が出ます」

みたいな、「それは褒めすぎでしょう」とこっちが恥ずかしくなるような過分な言葉だけでなく、

「末長く、最後まで、お願いします」
「おかげで成績が上がりました」
「この前先生に教わった解き方、出来るようになりました!」
「あのやり方で練習したら、点数が30点上がりました」
「楽しく通っています」

みたいな簡潔な言葉でさえ、「やっていてよかったなぁ。よし!もっと頑張るぞ!」って思えるんですよね。

皆さんの「良い感想」は、ほんの些細なことでさえ、「ノリノリ」な気分にさせてくれるわけです。
いや、本当にこれだけで数倍働きますので、ウマに人参をあげるつもりで、遠慮なく言ってください笑
(もちろん、そう思ってないのであれば、結構ですけど笑)

ですから、与えてもらうだけではなく、「この子は最近がんばってるなぁ」と思ったら、思っただけでなく、「頑張ってるね!」「すごいね!」って言わないとダメですよね。「当然当たり前」を、「褒め言葉」に変える力って大切。

「塾の日なんだから、通うのが当然」ではなく、「ちゃんと通ってきてえらいね!」とか。
「前が60点、今回は63点。また同じような成績!」ではなく、「ちょっとずつ上がってるね!」とか。
「なかなか成績が上がらないな!」ではなく、「理解力は上がっている。けれども解答する力が足りない!実力はついてるよ!」とか。
「こら、部活で疲れているからって居眠りするな!」ではなく、「疲れているのに塾に来てえらいぞ!」とか。

お父さんお母さんも、ふと気がついたら何でも良いので、簡単な言葉で良いので、その気持ちを伝えてあげてください。

歯の浮くような気のきいたセリフじゃなくて構わないのです。また、「思ってもいない言葉」じゃ無意味です(バカにされたと思います)。日々生活していて、何にもしていない人などいないはず。だって、学校に行って、朝部活をやって、6時間も授業を受けて、夕方部活をして、塾に通って、自習して、授業を受けて、眠い目をこすりながら宿題をして、ご飯を食べて、お風呂に入って、、、って考えたらハードだと思いませんか?
※おかしな例えかもしれませんが、もし大人の方が「朝早起きして、趣味のサークルに1時間参加して、会社に出勤して6時間拘束される会議や商談をして、夕方にサークルに行って、副業の会社に出勤して会議をして、雑務を片付けて、家に帰って家事をして」という生活をしたら、「そりゃ大変だ」って思いますよね。

そんな些細な部分をよく観察して、「お!大変なのにしっかりやってるな!」って思ったら、そのまま「頑張ってるね!」って伝えればそれでいい。その全てが「魔法の言葉」に変身しますからね!

当たり前じゃんって?知ってるって?
でも、その当たり前が出来ないから、世の中がギスギスしているのではないかな、と思うわけです。

さて、風邪などひかないよう、気を引き締めて年末を迎えたいと思います。

第3回防犯セミナー

本日は「平日&夜」バージョンの防犯セミナー。
IMG_9849.jpg

前回好評だった「護身術」もバリエーションが増えて、またまた楽しく、そしてためになる内容でした。
「アイーン!」と「グリコ!」は本当に使えますので、ぜひ練習してみてくださいね。

今回は私から、「アグレッシブな変質者」ではない、「遠くからじっとみているだけ」のような、弱気な変質者が出た場合はどうすれば良いか?110番をするときに気をつける事とは?などをご質問し、お答えを頂きました。

きっと役に立ちましたよね?

銚子警察署の皆さん、レオパレス21の皆さん、本当にありがとうございました。

現代の「入塾」事情。

IMG_9840.jpg

(翔英館のイベントではないのですが)昨日土曜日に、近隣の幼稚園のクリスマス会が開催されました。
翔英館の教室は「レイアウト自由」のコンセプトの教室がほとんどですので、机や椅子を取っ払えば、子供たちが充分走り回れるスペースに変身します。大人、子供合わせて65人の方が大集合。楽しいクリスマス会だったようです。

翔英館では、ご希望がございましたら、パーティや研修の会場としてスペースをお貸しする事も出来ます。
クリスマスシーズンは「会場がない!」で困っている方がいらっしゃるそうですので、いかがですか?
反社会的、イメージに合わない、などでなければ、「無料で」お貸しする事が出来ますよ!

======================================================================

さて、本日の本題。
「通学する塾を選ぶ」という行為に対する慎重性」について。

塾はレストランやスーパーとは違い、「一度入ったらしばらく通う」という、契約のスタイルですので、気軽に、何も深く考えず、「とりあえず入ってみて、、、」が出来ませんよね。

翔英館では新聞折込チラシは開校以来一度も出した事がありませんが、未だに塾の折込チラシは入ってきます。

しかし、その折込チラシを見て、初めてその塾を知って、すぐに電話をかけて、すぐに入学する、なんていう事がほぼなくなりました。情報がたくさんありますので、「どれが一番正しいの?」「どこが良いの?」と迷いながら、「どうしようかな?」を繰り返しながら、しばらくして重い腰をあげる、というスタイルが普通だと思います。

そう、「どうしようかな?」の時間を充分に取らないと、決心して行動に移れないわけです。
現代の消費者は、業者の思うツボになんてならない!ですよね?

ラーメン屋の場合、
「新しくできた、入ってみよう!」でとりあえず入って、「美味しかった、また来よう!」か「美味しくなかった、もう来ない」で判断すれば良いのですが、塾の場合は「じっくり」が必要。

そのじっくりと悩む中で、「よし!行ってみよう!」となる判断基準は、
------------------------------------------------------------
①その塾をパンフレットやウェブサイトをじっくり見る
 →大抵「手前味噌」な事が書いてありますので、これだけで判断する人は少なくなりました。

②通っているお友達の評判をきく
③通わせている保護者のお友達の評判をきく

 →②③ともに大きな判断基準です。

④充分通える範囲であると認識する
 →あまり遠いと通いづらいですよね。翔英館の場合、現在一番遠くて35km先から通っている子がいますが笑 翔英館に通う子は、「銚子」以外にも、「旭」「神栖」「東庄」「香取」「匝瑳」などから通っている子もいますよ。

⑤無料体験入学を受講してみる
 →塾の柱はやっぱり指導。学校よりも、他の塾よりも、わかりやすい、そして「自分に合った」指導がしてもらえるか。翔英館スタッフは、授業コンテストで1位を取った講師が3人います。

⑥先生の人柄や、塾に通っている子の雰囲気を感じる
 →先生とは話しやすいか?他の通塾生は真面目か?いい加減か?大きなポイントです。真面目に勉強したいと思っているのに、他の塾生がただ遊びに来ているとしか思えないような環境ならば、お金の無駄ですよね。

⑦通いやすい素敵な空間かどうかを判断する
 →授業はわかるし、先生もいい人だけど、「暗い」「汚い」「寒々しい」だったら嫌ですよね。また、息苦しいくらい緊張感が張りつめていて、楽しく通えないなら、落ち着いて学習できませんよね。

⑧「他の塾にはない」売りがあるか
 →「塾なんてどこでも一緒でしょ?」という方も多いのですが、「その塾でしか味わえない事」があるのか?合格実績や、システムなどなど。

------------------------------------------------------------
少なくとも以上の様なプロセスがあって、「この塾に決めた!」となるわけですね。
チラシを撒けば次の日に問い合わせの電話が、、、なんていう事はありません。

さて今日は、「体験入学と入塾にまつわる翔英館の武勇伝エピソード」を述べて参りたいと思います笑
------------------------------------------------------------
1)「翔英館を含めて11の塾の体験授業を受けて、翔英館に入学した子」
とっても慎重なご家庭。やっぱり「自分にピッタリな」塾に通う必要がありますよね。「色々と塾を回ったけど、翔英館の授業が一番わかりやすかったし、良い塾だと思った。」とおっしゃって頂けました。

2)「今、他の塾の体験授業も受けていますが、そちらはもう行きません。ここに決めます。」
「塾選びとして他の塾も体験しています」というので、「じっくりと決めると良いよ」とお伝えしたのですが、1時間体験授業を受けただけで決めて頂けました。

3)「今通っている塾の何倍もわかりやすいし、頭に入ってきます。今の塾は辞めます。」
現在の塾に不満があったのでしょう、「今、別の塾に通っているのですが、授業を受けさせてもらえますか?」で、「どうぞどうぞ」と体験入学スタート。その日即決で「明日辞めてきます」と。これは翔英館に通っている子でもあるケースですから、怖いですね。終了後、スマホを取り出してお家の方に電話し、「お母さん、今の塾辞めるね。翔英館にするから」と言っていたのが印象的でした。

4)「銚子市民でもない、銚子に学校があるわけでもない、銚子には縁がない、けれど翔英館に入学」
これは本当にありがたいケースです。「遠くても通う価値がある」と思って頂けたわけですね。翔英館は本当に遠くから通って下さる生徒さんが多いですから、期待に応えなければ!と身が引き締します。

5)「北海道から成田市に転勤するのですが、そちらの塾に通えますか?」
これは実際にご入学には至らなかったのですが、北海道札幌市からのお問い合わせ。電話の着信を見て、「011、、、北海道の人がなぜ??」でしたが、とても嬉しかったです。「春から転勤するので塾を探しているのですが、慎重に調べた結果、そちらの塾が良さそうなので、、、」と。実際に校舎まで来ていただきましが、「電車で1時間20分かかりますよ?大変ありがたいですが、もう少し近所に良い塾があるはずです。」と、私から見て「オススメできる」と考えた塾をご紹介しました。

6)「全寮制の高校に通っているが、講習だけでも良いから通いたい」
しかも、「銚子市民」の方ではなく、銚子に親戚の方がいらっしゃるという事でした。ありがたいお話です。

7)「千葉市に住んでいるが、出来ればこの塾に通いたい」
普段は家の近所の塾(有名な大手塾です)に通っている生徒さんで、「いとこが銚子にいる」という事で、長期休み中に遊びに来てもらいました。自習スペースを使ってもらい、簡単な教科の質問などにもサービスでお答えしたのですが、「お母さん。この塾に変えたらダメ?」と笑 「通えるわけないでしょ!」で却下になりましたが。

8)「(体験授業を受けて)素晴らしく面白い授業でした」
塾が「わかりやすい」授業をするのは当たり前。お金を払って学校よりもわかりにくいなんて、話になりませんよね。ですから、「わかりやすかったです」は「普通です」と言われているのと同じだと思っています。「楽しかった」「面白かった」が塾の授業にとっても褒め言葉だと考えています。

------------------------------------------------------------

どんなに遠くからでも、どんなに状況が困難でも、「通いたい!」と思っていただけるのは本当に幸せです。
必ずしも「絶対に翔英館に入学してください!」だなんて言いませんが、せっかくお金を支払うのですから、良い塾を選んでください。

みなさんのご期待にお答えしたければ!というプレッシャーを楽しみながら、もっともっとより良いものを提供できる様に精進したいと思います。

==========================================================
【イベントのお知らせ】
12月12日 防犯セミナー
      :銚子警察署・レオパレス21・翔英館のコラボレーション。近隣の塾では翔英館だけ!

12月17日・19日 冬期講習説明会
      :冬期講習の心構えや学習方法などのガイダンス。翔英館生以外の方のご参加も大歓迎!

12月22日 冬期講習
      :当初、23日スタートの予定でしたが、22日夕方から開館します。時間割もカミングスーン!
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。