誰かのために、やってみよう!

よくある質問と相談。
演丸くん風景

やる気はある。やらなければいけないのもわかってる。
でもやらない。

人間は面倒くさがりですから、こういう事ってありますよね。

「結局は自分のためだから!」「誰のためでもない、自分のためにやるんだ!」
こんな当たり前のきれいごとを言われたって、「ああ、そうか。じゃあ自分のためにやろう」だなんて簡単に思えるはずがありません。
自分の最大の敵は自分。自分、めっちゃ強いです。
簡単に自分を打ち負かしてくる。

だから、自分に勝つことは本当に困難なのです。

そこで方向性を変えて、誰かのためにやってみたらどうですか?
自分の行きたい大学、行きたい高校、行きたい中学に受かったら、きっとお父さんやお母さんは喜んでくれるだろうな、って。

これは不純な動機でもなんでもありません。

人間は、「自分さえよければそれでも良い」という環境ではなく、「誰かのためにやる」気持ちがあると、持っている以上のパワーを出せることがあります。誰かのためにやったって、それを喜んでくれる人がいれば、きっと自分も嬉しくなります。

「自分さえよければ」で行動すると、成功したって喜ぶのは自分だけ。
「人を喜ばそう」で行動すると、相手が喜んで、結局自分で喜ぶので、みんなで喜べます。
その方が嬉しさは大きくなります。
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク