FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友。

市内の小中高校は本日が入学式。

名称未設定

新しい制服やランドセルに身を包んだ、「新しい仲間」が市内でも大勢発見できます!
特に高校の場合は、「同じ中学校の子」だけでなく、それ以上に「初めて出会う人」と新しくお友達になれるチャンスですね。

「親友」という言葉があります。
小学生、中学生、高校生のみなさんは「親友」がいますか?
英語にすると「good friend」や「close friend」と訳す場合もありますが、小中高校生の皆さんにとっても「親友」は、まだまだ「close friend(近しい友達)」に過ぎないかもしれません。

でも、そのclose friendは、将来的なgood friendになる可能性があります。
可能性がある、という事は「まだまだgood friendとはいえないかもしれない」という事です。

中学校を卒業して高校に進学する場合は、ほとんどのケースは「近隣の高校」に進学しますし、結局は同じ場所に住んでいますので、高校が離れたからといって、「会えなくなってしまう」訳ではありません。

でも、高校を卒業して大学や専門学校に進学したり、就職をすれば「それぞれ別の人生」が始まるわけです。
住む場所が離れ、それぞれ別の生活が始まる。それでも会ってお話しする人は、きっとgood friend候補です。

大学を卒業して、それぞれ就職すれば、また別の生活が始まります。
それでも会って話す友達が、今度は結婚する、子供が生まれる、などの転機があれば、会ってお話しする時間はどんどん削られていくと思います。

それでも「たまに会って話そうよ!」と言える仲。それはきっとgood friendだと思います。
そう、30歳を超えて、それでも交流があるお友達は、きっとgood friend。ですから、本当の親友かどうかがわかるのは、まだまだ先のお話しだと思います。

友達とは。
毎日会っておしゃべりをしたり、一緒に学校に帰ったり、そんな事ではありません。
普段は離れた場所にいて、普段はあまりしゃべらなくても、「あいつ、元気かな?会って話したいな!』と思える人が、きっとお友達だと思うのです。

そのgood friend候補が一番見つかりやすいのが、高校時代だと言われています。

どうしてか?
おそらく、「友達の切磋琢磨する姿」が一番見えやすい時期だからだと思います。
「あの子、すごいな!」「あいつ、頑張ってるな!」という友達の「本質」が見えるのです。
遊んでいる時、おしゃべりしている時だけをみているのでは、「どういう実力の持ち主なのか」がわかりにくいので、「いざという時」の友達の姿が見えません。時には「全然気が合わない子」が親友候補だったりする場合もあります。

「おしゃべりして楽しい」だけではない、正しいお友達の見方をしていきましょう!

スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。