FC2ブログ

通常モード再開。

本日より翔英館は通常モードに戻りました。
冬期講習2017⑥のコピー

入試直前ですが、風邪やインフルエンザでダウンしている子もいるようです。
しっかりと治して、本番には万全の体調で臨んでほしいですね!
最後まで一緒に頑張りましょう!

①さて、翔英館の銚子本校はビルの2階と3階にあります。
階段を昇って、ドアを開けると広々とした空間が広がります。
が、以前より、「階段のスペースがちょっと暗いなぁ」って思っていたのです。
まあ、電気は仕方がないのですが、ちょっと殺風景かな、と。

ですから、みんながかんばっている姿の写真などを貼ってみる事にしました。
今後、ぜひご覧になってくださいね。
まだまだ増やして、どんどん賑やかになる予定です!

②またまた話が変わって、ちょっと嬉しかったこと。
センター試験ファイナルステージの英語で「この問題はこうすれば楽に解けるから、こう解きなさい」と色々と伝えました。
生徒さんの一人が、「学校で友達がその問題の解き方について『時間がかかるよね』『面倒だよね』って話していて、『こうすればもっと楽に正解が出せるのになぁ』って思いながら、その話を黙って聞いてました。今まで無駄な努力をどれだけしていたのか、って思いました。」と。お役に立てた様で何よりです。

学習の過程で、「内容をしっかりと理解して真の学力をつける」ことはもちろん大切です。
もちろん、通常の授業ではその様に「しっかりとした学力を身につけること」を心かげています。

でも、入試では「内容をしっかりと理解できた人」よりも、「正解を数多く出した人」の方が偉いんです。
極端な話、同じ80分で、「内容はわかったけど半分しか正解しなかった」人よりも、「内容はよくわからないけど、全問正解した」人の方が偉いんです。内容を楽しみたいなら、試験が終わった後にすれば良い。

当然、「今まで何も学習してこなかった人が、いきなり正解が増える魔法」ではありません。
今まで努力をして知識や学力をつけた上で、最後にズルをする方法を教えてもいいじゃないですか。

「読む時間を減らして、考える時間を増やす」方法をお伝えしただけ。
しっかりと考える時間が増えれば、正解する可能性も上がりますよね。

「ただ座って授業を聞く」のではなく、それがお伝えできるのも、塾の存在価値ですよね。
それができずに、ただ闇雲に知識を教えるだけならば、塾はいらない、ですよね。
参考書を買ってきて自分で解いていた方がよっぽどいいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク