FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイゴジュク/オトナジュク

11月になりました。

いよいよ千葉県公立高校入試前期選抜試験まで100日を切りました。
そして、大学入試センター試験まで68日となりました。

IMG_1116.jpg

入試までいよいよ最後のスパートという所ですが、ここで新しい講座を二つご紹介。

実は両方とも、生徒さんや保護者の方の「ニーズ」から生まれました。
IMG_1095.jpg

①オトナジュク
説明会で保護者の方向けにお話をして偉そうにも理念を語ったり、保護者面談をしている中で、保護者の方からこの様なご要望をいただくことがありました。

「先生。私たちの様な大人でも先生の授業を受けてみたいです。そういう講座を設置してくれませんか?」

本当にありがたいお話です。ですからこれは完全に「大人の方向け」の講座です。

---------------------------------------------------------
学生時代に習った事。
「一度習ったし、もういいよ」という方が殆どだと思います。そして、「もしわからなくても、いまさら聞けない」という事もあると思います。

 しかし、「あの時に習った事は、今の生活の何に役立っているのか?」まで細かく考えている方はほぼいないのではないか、と思います。「学校で習った事なんて、世の中では何の役にも立たない!」それは本当でしょうか。「何の役にも立たない事」を、全員が教わる、なんていう事があり得るのでしょうか?

 数学の一次関数や平方根の概念は何のために存在するのか?なぜ「未知数」という考え方があるのか?計算能力は日常のどこで発揮できるのか?
 オトナとして、国語の文法は正しく使えているのか?物語文の登場人物の心情の変化を読めずに、日常の仕事や家庭生活で、円滑な人間関係が築けるのか?
 衆議院の優越や、憲法改正の条件は正しく説明できるのか?歴史の出来事は、今の時代の人間に何を教えてくれてるのか?日本と仲の良い国と悪い国の区別はできているのか?
 英語を学んだ本当の意味とは何だったのか?英語が出来ないと、どの様な問題点があるのか?

 普段、「知らなくても生きていける」と思っている事かも知れませんが、「正しく知っていればもっと楽しく、よりよく豊かな生活が出来る」必須条件。

 それが、「学校で習った事」なのです。
IMG_1080.jpg


 オトナジュクでは、「あの時の学び直しをする」事だけが目的ではありません。
 「今の時代に必要な新しい知識の構築」をしながら、世の中の事象について、頭で真剣に考えて見る、事も大きな目的です。一方的な講義形式ではなく、皆さんで一緒に「様々なテーマを使って討論する」ディベートの場でもあります。何より、小中高生をお持ちのお父様お母様であれば、「お父さん、お母さんの頃はこう教わった」ではない、「現代の子供が学ぶ内容の理解」も促進しますので、円滑な親子関係を構築する事も可能です。

各レッスン、毎週30分で、「脳を鍛えるトレーニング」!

オトナになった今だからこそ、その深さが分かる事があります。
---------------------------------------------------------
オトナジュクは「美しい日本語(いわゆる国語)」「数と理論(いわゆる数学と理科)」「この国と世界の姿(いわゆる社会)」の3講座でスタートします。

単なる一方的な講義ではなく、一つの議題をテーマに皆さんで意見を出し合ったりして、積極的に脳のトレーニングをします。

②エイゴジュク

普段英語を教えていて、いつも気がかりがあります。
「今教えている英語は、受験用の英語だ。そして授業を受けている生徒たちも、受験に必要な『教科』として話を聞いている。とても虚しい。英語は言葉であって、教科ではないのに。文法と長文とリスニングとスピーキングと発音は全く別々だと思っている。」

名称未設定

こんな子もいます。
「自分は結構英語が得意なんですよ。でも、リスニングと喋るのはダメですね」
おい!それは英語が得意とは言わないよ!

そんなわけで、10月末に「作文」「音読」「発音」「アクセント」「フォニックス」「リスニング」を「バラバラに」ではなく、「総合的相乗的」に学んで、それを受験英語に生かす、という取り組みの特別講座を行いました。

その結果、大好評でした。
「英語は英語で考える」というコンセプトが定着した様です。

「学校や受験の英語だけじゃなくて、こういうのをもっと続けていきたい!」

というわけで、希望を叶えることにしました。

 「受験英語」でも「英会話」でもない、「英語」を総合的に学ぶ教室です。
学校の英語は「読む」「書く」がメインで、「しゃべる」「聴く」の比率が少ないですよね。「英語ができる人」とは、「英語のテストの点数が高い人」ではなく、「読む」 「聴く」「しゃべる」「聴く」の4技能を満遍なくできる人、なのです。

この講座は、楽しみながら英語を学び、「英語が本当にできる人」を目指す教室。
学生時代「ちゃんと学べなかった」と後悔しているオトナの方も、チャレンジしてみませんか?現在15億〜20億人が英語を使うと言われています、コミュニケーションの幅が広がって、見えてくる世界が格段に違います。
そして、「英語ができる」人は、学校の授業も楽勝で出来る様になりますので、中高生にもオススメです。まずは「学校のテストの点数が、、、」など気にせずに、「英語って楽しい!」「英語がしゃべれる、聴ける、読める、書けるって面白い!」を目指し、いつのまにか「学校の成績も上がっている」ことが目標です。

テキストは、オックスフォードやケンブリッジの「本場英国のもの」を使用します。
英語を学ぶのですから、英国のテキストが一番です。

こちらは中学生から大人の方まで、受講することが可能です!

詳しくは、ウェブサイトをごらんください。

翔英館のウェブサイト
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。