スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「進学校」の地域格差

おはようございます。
銚子・旭の学習塾予備校、翔英館です。
IMG_9944.jpg


そろそろ千葉県公立高校入試の前期試験、そして大学受験の一般入試も徐々に始まっています。
昨日も何人かの高3生を「行ってらっしゃい!」と送り出しました。

さて、「進学校」という言葉について。
何を以ってして「進学校」なのか、は人それぞれかもしれません。

「自称進学校」や「自他共に認める進学校」や「地域の中では進学校」などなど。

当然大学受験では「学区」はありませんので、全国のすべての高校生がライバルになるわけですが、銚子の地域では都心部や千葉県でも北西部に比べると、「進学校」の基準が甘くなります。

北西部地域では「地域2番手校、3番手校」程度の偏差値の学校でも、「進学校」と言われ、「あそこに行けば天才!」的に言われる様なケースも多く、ある意味「とても出来る子」にとっては不幸な環境とも言えます。

ただ、繰り返しますが「地域の中では進学校」の認識のままでは、大学受験でまともに戦う事は出来ません。
そういった意味で、翔英館は「広い世界を見せてあげる」事がとっても大切だな、と考えています。

銚子地域の「進学校」と言えば、、、、。
市立銚子、匝瑳、佐原、清真学園。

中学校の中では、正しいレベルを認識せず、「雲の上の存在」の様に狙う事すら諦めている様な子がいるそうです。
この辺もしっかりと指導しないとなりませんね。

さて、問題の「進学校」ですが。
私が自分で勝手に「進学校」をセレクトしていくのもなんですので、とある基準を定めました。
それは、「東京大学に1名でも合格していれば進学校」とし、そのランキングをさらってみました。
(まあ、どの学校にも「突然変異」みたいな子もいますので、「1名」の高校はどうかな?とも思いますし、早慶の附属校などはあまり外部進学をしないので、この基準もどうかな、とは思うのですが、一応)

以下、2016年春の入試結果。太字は千葉県、茨城県の高等学校です。

1. 開成高校 170名
2. 筑波大学附属駒場高校 102名
3. 灘高校 94名
3. 麻布高校 94名
5. 渋谷教育学園幕張高校 74名
6. 聖光学院高校 71名
7. 桜蔭高校 59名
8. 栄光学園高校 57名
8. 駒場東邦高校 57名
8. 東京学芸大学附属高校 57名
11. ラ・サール高校 44名
12. 豊島岡女子学園高校 40名
13. 早稲田高校 37名
14. 久留米大学付設高校 36名
15. 女子学院高校 34名
16. 東京都立西高校 32名
16. 西大和学園高校 32名
16. 筑波大学附属高校 32名
16. 千葉県立千葉高校 32名
20. 浅野高校 30名
20. 海城高校 30名
20. 渋谷教育学園渋谷高校 30名
23. 栄東高校 27名
24. 武蔵高校(私立) 26名
24. 愛知県立岡崎高校 26名
26. 攻玉社高校 21名
27. 広島学院高校 20名
27. 東京都立国立高校 20名
27. 桐朋高校 20名
27. 神奈川県立横浜翠嵐高校 20名
31. 茨城県立土浦第一高校 18名
32. 開智高校 17名
32. 愛光高校 17名
34. 白陵高校 15名
34. 暁星高校 15名
36. 東京都立小石川中等教育学校 14名
36. 茨城県立水戸第一高校 14名
36. 洛南高校 14名
39. 市川高校 13名
39. 愛知県立一宮高校 13名
39. 愛知県立刈谷高校 13名
39. 青雲高校 13名
39. 巣鴨高校 13名
39. 大宮高校 13名
45. 静岡県立浜松北高校 12名
45. 高田高校 12名
47. 本郷高校 12名
47. 城北高校 12名
47. 白百合学園高校 12名
47. 東京都立武蔵高校 11名
51. 逗子開成高校 10名
52. 愛知県立明和高校 9名
52. 北嶺高校 9名
52. 岡山県立岡山朝日高校 9名
55. 群馬県立前橋高校 8名
55. 千葉県立船橋高校 8名
55. 秋田県立秋田高校 8名
55. 富山県立高岡高校 8名
59. 群馬県立中央中等教育学校 7名
59. 世田谷学園高校 7名
59. 神奈川県立相模原高校 7名
59. 金沢大学附属高校 7名
59. 宮崎県立宮崎西高校 7名
59. サレジオ学院高校 7名
59. 修道高校 7名
59. 東京都立戸山高校 7名
59. 広島大学附属福山高校 7名
59. 鴎友学園高校 7名
59. 東邦大学付属東邦高校 7名
59. 宮城県立仙台第二高校 7名
59. 六甲高校 7名
59. 滝高校 7名
59. 大阪府立北野高校 7名
74. 福島県立福島高校 6名
74. 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 6名
76. 長崎県立長崎西高校 5名
76. 茨城県立並木中等教育学校 5名
76. 吉祥女子高校 5名
76. 東京都立白鴎高校 5名
76. 昭和薬科大学付属高校 5名
76. 堀川高校 5名
76. 桐蔭学園中等教育学校 5名
76. 愛知県立半田高校 5名
76. 広島大学附属高校 5名
76. 鳥取県立鳥取西高校 5名
86. 片山学園高校 4名
86. 長崎県立長崎東高校 4名
86. 浦和明の星女子高校 4名
86. 公文国際学園 4名
86. 須磨学園高校 4名
86. 神奈川県立柏陽高校 4名
86. 東京都立立川国際中等教育学校 4名
86. 弘学館高校 4名
86. 岡山白陵高校 4名
86. 埼玉県立春日部高校 4名
86. 北海道旭川東高校 4名
97. 國學院大学久我山高校 3名
97. 東京都立青山高校 3名
97. 専修大学松戸高校 3名
97. 桐光学園高校 3名
97. 昌平高校 3名
97. 広島県立広島高校 3名
97. 桐蔭学園高校 3名
97. 成蹊高校 3名
97. お茶の水女子大学附属高校 3名
97. 南山高校 3名
97. 頌栄女子学院高校 3名
97. 福島県立安積高校 3名
97. 東京都立八王子東高校 3名
97. 青森県立八戸高校 3名
97. 静岡県立磐田南高校 3名
97. 新潟県立長岡高校 3名
97. 香川県立丸亀高校 3名
97. 山梨県立甲府南高校 3名
97. 東京都立立川高校 3名
97. 兵庫県立長田高校 3名
97. 東京都立桜修館高校 3名
97. 千葉県立東葛飾高校 3名
119. 済美平成中等教育学校 2名
119. 徳島文理高校 2名
119. 新潟明訓高校 2名
119. 近畿大学附属和歌山高校 2名
119. 広尾学園高校 2名
119. 芝浦工業大学柏高校 2名
119. 群馬県立太田高校 2名
119. 東京都立両国高校 2名
119. 大宮開成高校 2名
119. 穎明館高校 2名
119. 学習院女子高等科 2名
119. 洗足学園高校 2名
119. 西南学院高校 2名
119. ノートルダム清心高校 2名
119. 清真学園高校 2名
119. 横浜雙葉高校 2名
119. 東京都立国分寺高校 2名
119. 海陽学園海陽中等教育学校 2名
119. 奈良学園高校 2名
119. 雲雀丘学園高校 2名
139. 神戸海星女子学院高校 1名
139. 昭和学院秀英高校 1名
139. 淑徳与野高校 1名
139. 神奈川大学附属高校 1名
139. 光塩女子高等科 1名
139. 学習院高等科 1名
139. かえつ有明高校 1名
139. 開智未来高校 1名
139. 茗渓学園高校 1名
139. 湘南白百合学園高校 1名
139. 大阪教育大学附属高校平野校舎 1名
139. 静岡県立浜松西高校 1名
139. 滋賀県立彦根東高校 1名
139. 本城東高校 1名
139. 麗澤高校 1名
139. 獨協高校 1名
139. 共立女子中学高校 1名
139. 湘南学園高校 1名
139. 江戸川女子高校 1名
139. 横浜共立学園高校 1名
139. 滝川高校 1名
139. 岐阜県立関高校 1名
139. 京都府立洛北高校 1名
139. 淳心学院高校 1名
139. 福島県立磐城高校 1名
139. 大阪明星学園明星高校 1名
139. 成城高校 1名
139. 千葉市立稲毛高校 1名
139. 順天高校 1名
139. 早稲田大学系属早稲田実業学校高等部 1名
139. 八王子学園八王子高校 1名
139, 智辨学園奈良カレッジ 1名
139. 青山学院高等部 1名
139. 西武学園文理高校 1名
139. 山手学院高校 1名
139. 帝京大学中学高校 1名
139. 星野高校 1名
139. 本城第一高校 1名
139. 東京学芸大学附属国際中等教育学校 1名
139. 佼成学園高校 1名
139. 東京農業大学第一高校 1名

1名でも東大に合格させた学校は、全国6746校中、179校。
実際の判断は難しいですが、「コンスタントに毎年」合格させていれば、進学校と言えるかも知れません(まぐれや突然変異ではない、という事です)が、この辺りは人によって判断は分かれると思います。
数値だけみると「開成」がぶっちぎりの様に見えますが、実は卒業生の比率で言えば筑波大駒場の圧勝です。
千葉県では、渋谷幕張と県千葉が「屈指の進学校」と言えるでしょう。
銚子近隣の高校では、清真学園で2名の合格者がいます(文科三類、理科一類)。

では、以下は「市立銚子、匝瑳、佐原、清真学園」の近隣の「進学校」と、「県立千葉、渋谷幕張、開成」の合格実績を比較した表です。
名称未設定
名称未設定2

東大合格だけでは測れないかもしれませんが、その他の旧帝大や早慶、上智、理科大、MARCHの合格者を見ても、全国の「真の進学校」と比較してよいのか?という気になりますよね。

繰り返しますが、大学受験に「学区」はありません。
受験で、隣の席に座った子が「開成や灘や筑駒の生徒」という可能性があるわけです。

そして、この辺りでは「すごく出来る子」の代名詞、清真学園中の首都圏模試合格80%の偏差値は「46」。
筑波大学駒場中は「78」。
開成中は「77」。
渋谷教育学園幕張中は「76」。
県立千葉中は男子が「73」、女子が「72」。
成田高附属中は「53」。

いえ、決して「この辺の進学校」を貶めているとかそういうわけではありません。「最終的な敵はどのレベルなのか?」をわかっておいて欲しいという事です。戦うのは「近所の子」ではなく、全国の子。「お山の大将」の感覚のままでは、大学受験には勝てません。

もう少し辛辣な言い方をすれば、清真学園中に通わせている保護者の方の中で、「公立中の子を馬鹿にしている」様な方もいらっしゃるのですが(もちろん全員ではありません)、それは「井の中の蛙」というものです。公立中でも1番〜5番程度に入っている子であれば、充分に旧帝大や早慶を狙える可能性を持った子がいます。

「近所で比較して優越感に浸る」のではなく、「全国に目を向ける」様にしましょう。
(いや、清真学園に通っている「生徒さん」はちゃんと全国とのレベル差をわかっています)。

翔英館スタッフは、上記の高校や中学の受験を担ってきた経験があります。
東京学芸大学附属や、筑波大学駒場、開成、渋谷幕張、市川、東邦大東邦などの受験を通した事もあります。
逆に、「偏差値75あった子を開成高校受験に落としてしまった」経験などもあります。また、中3スタート時で偏差値48だった子を、1年間で県立千葉高校に合格させた様な経験もあります。
全国屈指の名門がどれだけ高い壁なのか、大学受援時にどれだけこの子たちが高い壁になるのか、しっかりと理解しています。

「そこだけ」を見ているのではなく、広いレンジで「すべて」が見えて、ようやく戦略が立ちますよね(だからこそ、翔英館は基礎のレベルから高いレベルまで、すべての生徒さんを指導する事が可能なのです)。

「理屈や伝聞」ではなく、その様な広い世界の事を、「実体験」として伝えられる(経験のある)スタッフが複数いる翔英館では、日々その様な「未来」に目を向けさせて、指導を行っております。
その「未来」の事や「広い世界」の事に、いつ気がつくか?だと思うのです。
中1なのか、高3なのか、、、、。

「一生銚子の外に出ません」というのであれば、良いんですけどね、、、。
環境って、とっても大切です。
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。