スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいおい!と思った話

私は知らなかったのです。

千葉県公立高校入試の前期選抜の「入試方式」を、近隣の中学校で全く指導していない、ということを。
つい最近、とある学校の先生とお話をしたら、「知らなかった」というので(!)、
うちの生徒たちに聞いてみましたところ、口を揃えて、「そんなことは教わっていない」という事でした。

今度入試をする中3生も、もちろん中2以下の生徒も、、、、、
そして高校生も「自分がどうやって入試を通ったのか?」を知らないのです。
なんとなく前期試験を受けて、不合格になったらなんとなく後期試験を受けて合格していたようなのです。

そんな根本的な話は当然学校の進路指導で行っていると思っていました。
ですから、「そんな事知ってるよ!」と言われるのを避けるために、あえて話をしてきませんでしたが、、、、。

現中2生の「千葉県公立高校入試」の概要もすでに発表されていますが、未だに「来年試験が一本化されるかもしれないぞ!」というとんでもない事を言っている学校の先生もいるようで。 ※28年11月の入試改善協で「一本化」は見送りになっていますので、現小6までは今まで通り前期後期制です。

また、近隣の他の塾さんでは、「●●高校は前期は最低何点取れれば合格するから大丈夫」といった言い切り型の進路指導をしている様なところもあるそうですが、そんな事、当日の「受験者の得点」と「内申点」と「受験者の学校のレベル」と「試験のレベル」が全てわからなければ断言できるはずがありません。運転免許試験の様な「基準に達した人は全員合格」みたいな試験ではなく、合格定員がある試験なのですから、、、。

※本題から外れますが、「進路指導」と言えば。
高3生の進路指導で、4月か5月頃に「君の滑り止めはここだ」という進路指導をする方もいる様で。
模試の結果も全然帰ってきていないし、まだまだ成績がグングン伸びる可能性があるのに、どうやって「滑り止め」を決めるのだろう?

2月の新年度説明会では、そのような「根本的な部分」も、もう一度お伝えしたいと思いました。
そして、「学校では何も話されていない」前提で、翔英館主導の進路指導を行う事にします。

では、千葉県の入試がどのように行われるのか?
=============================================================
<前期入試>
学力試験の得点+3年間の内申点+県標準値95ー学校の標準値(例:3.3×9×3=89.1)+2日目の面接作文など

例)内申点が×1の高校の場合
Aくん:学力試験330点+(中1:35+中2:37+中3:38=110)+95ー89=446点
Bくん:学力試験360点+(中1:21+中2:25+中3:24=70)+95ー89=436点

もし、この高校のボーダーが「440点」だった場合、、、。

たまに「うちの子より点数が30点も低い子が合格している!おかしい!何か裏取引が!」みたいな事を仰る方が出てきますが、3年間、真面目に定期テストで得点し、真面目に提出物を出して、真面目に授業に出ていたかどうか、の差が現れます。

ですから、「中1中2は部活に専念!中3になってから真面目に勉強!」は通じないという事になります。常に学校生活を真面目に過ごさないとなりません。

極端な例で言えば、学力はあるのに定期試験を真面目に受けず、提出物も出さないので、「3年間オール1」だった不真面目なCくんの場合。

Cくん:学力試験400点+(中1:9+中2:9+中3:9=27)+95ー89=433点

学力試験330点の子よりも、点数は低くなります。当然、Bくんが不合格であれば、Cくんも不合格です。

ちなみに、
例)内申点が×2の高校の場合
Aくん:学力試験330点+(中1:35+中2:37+中3:38=110)×2+95ー89=556点
Bくん:学力試験360点+(中1:21+中2:25+中3:24=70)×2+95ー89=506点

学力試験で30点多く得点しても、内申点如何によっては50点も多く得点する事になります。

銚子の近隣にはありませんが、船橋東、鎌ヶ谷西高校などは2倍(270点満点)としますし、逆に県立船橋高校などは半分(67.5点満点)、長生高校は40.5となります。この内申点の割合を低く設定してある高校の方が「学力がある子」には有利となりますね。

------------------------------------------------------------
<後期入試>
こちらは、「学力試験」「内申点」が「両方とも」上位80%に入っていれば、合格になります。
どちらかでも80%に入っていない場合は「2段階選考」へと進みます。

例えば、「内申点は114点で上位80%だったが、学力試験が290点で上位80%を漏れたDくん」と「学力試験は310点で上位80%だったが、内申点が80点で上位80%を漏れたEくん」が2段階選考に進んだ場合。

内申点×1の学校の場合は。

Dくん:学力試験290点+内申点114×1=404点
Eくん:学力試験310点+内申点80×1=390点

400点がラインであれば、内申点が高かったDくんの合格です。

入試当日の「得点」は、「絶対に何点取れる」みたいな保証ができるわけがありません。体調を壊している可能性もあるし、緊張でいつもよりできないかもしれないし、、、。となると、「内申点」が如何に助けになるか、がお分かりになると思います。

=============================================================

なんだか「当たり前すぎる事」だと思っていたのですが、それが私の不明の様でした。

今後「当然知っているだろうから、特に話さない」はもうやめよう、と思わされました。
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。