スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末研修

お世話になっております。

銚子・旭の塾予備校、翔英館です。
IMG_9797.jpg

11月27日(日)に、千葉学習塾協同組合の「年末研修」が翔英館で行なわれました。

この団体では、年中定例研修などを行って様々な情報共有を行っているほか、毎年末に日本中の様々な塾を訪問して、その塾の取り組みを学んでいます(狭いエリアだけに着目しがちな塾運営で、広い視野を持てる一つの要因で、「どうして翔英館はそんな時間に入試の問題解答を持っているの?」の答えでもあります)。
IMG_9792.jpg

例年、翔英館なんて足元にも及ばない、各地の「すごい!」塾を訪問していますので、その中でどうしてうちみたいな塾が、、、、というプレッシャーはありましたが、当日は千葉東京神奈川の42塾50名以上の塾経営の方々にお越しいただき、翔英館の取り組みや理念など、様々なお話をお伝えしました。

「翔英館はどういう塾なのかな?」
「よその地域の人から見ても良い塾と言えるのかな?」
「別の塾を経営している方が見たら、どの様に見えるのかな?」


このあたりは「自己評価」ではどうにもなりませんので、私としてもそれを知る良いきっかけとなりました。

塾がどんなに一方的に、ウェブサイトやパンフレット、チラシで「すごいでしょ!良い塾なんですよ!」とアピールしたところで、所詮「手前味噌」に過ぎませんので、実際に塾を経営している人から見て、どの様に見えるのか?標準以上なのか?を知る事が出来ました。

『通っている生徒が「誇り」に思い、通わせている保護者の方が「頼もしい」と思い、通っていない生徒さんや他の塾の先生が「羨ましい」「悔しい」と思う』そんな塾作りを心がけてきました。前者二つは比較的知る事は容易ですが、後者に関しては、なかなかその様なチャンスはありません。

で、結論から言いますと、ある程度「翔英館は銚子という狭い範囲だけでなく、他所の地域の方から見ても羨ましい、良い塾である、と思っていただける塾である」という自信になりました。
アンケートにお書きいただいた事や、終了後に直接お話いただいた事など。本当に感謝です。

ご意見として頂いたもの。ちょっと恥ずかしいですが、せっかくの貴重なご意見ですので。

「情報量が多く、考え方が緻密で参考になる部分がいっぱいあった」
「数値化して細かく考えているという点が素晴らしい」
「生徒に対するおもてなしの心に驚かされた」
「塾らしくないゆったりとした空間で、生徒が羨ましい」
「アイディアと実行スピードが素晴らしい」
「SICはこれからの塾業界の問題解決になると思う」
「SICを『苦肉の策』と言いながら、あそこまで昇華させているのが素晴らしい」
「生徒満足度を優先させる、その観点に感銘を受けた」
「生徒を思うエネルギーと行動力とパワーが強烈だと感じた」
「他塾にはないものを求め続ける、に共感した」
「ここまで緻密に準備された研修は今までになかった」
「ここ数年で一番の研修だった」
「理論・観点・視座が素晴らしい」
「成功談ではなく、失敗談中心で参考になった」
「翔英館に無意味などない、とわかった」
「一方的に伝えるのではなく、意見をくみ取り、それを活かす、事を学んだ」
「自分が参加した研修の中で、過去最高だった」
「今すぐに帰って自塾の取り組みに生かしたい」
「生徒数や教室数ではなく、顧客満足度を優先している点に感銘を受けた」
「生徒や保護者の方を幸せにするための努力の数が素晴らしい」
「話が楽しく、きっと塾も楽しい塾なんだろうと思った」
「失敗例から生まれたアイディアや取り組みが素晴らしい」
「銚子にこの様なしっかりとした理念を持った塾があるとは思わなかった」
「新聞折込をせずに広報する仕組みや理由が理解できた」
「顧客満足度というキーワードに感銘を受けた」
「SICのシステムや理念に共感した」
「小手先だけで他の塾が真似ても同じ様には出来ないところが翔英館の強みだと感じた」
「校舎、授業、講演を見て、翔英館の素晴らしさを感じた」
「発達障害など、学びづらい子にも教育されているのが素晴らしい」
「生徒のちょっとした意見にも耳を傾ける姿勢が良い」
「資料が緻密で、非常にためになった」
「失敗を恐れない勇気が湧いた」
「塾業界の問題点まで視野を広げ、それを活かして試行錯誤しながら生徒の幸せを考えている」
「翔英館の全ての行動に、深い意味が隠されているという事がわかった」
「各校舎ごとのコンセプトもとてもわかりやすい」
「遠い未来を見据えた様々な戦略と、目の前の生徒の幸せを思う気持ちを強く感じた」
「すべての話が素晴らしく、あっという間の3時間半だった」
「凄い塾だと思った。圧倒され続けた」
「塾にかける覚悟と情熱がすばらしい」
「抽象的ではない、リアルな体験や緻密な考えにとても感心した」
「自分の考えの後押しをしてくれた」
「地道な努力の積み重ねだと気がついた」
「ここまで生徒のために細かく考えている塾を始めてみた」
「贅沢な環境で学べる生徒さんが羨ましい」
「自分の頭を使って考え抜く事が大切だと思った」
「商圏が多少かぶっているので、今後商売敵にならない様にお願いしたい」
「地域に応じた分析力や戦略構築が参考になった」
「もっと細かく聞きたい。第2回以降の研修もお願いしたい」
「今後、定期的に取り組みを聞きたい」
「幅広く、一つ一つが奥深い」
「感銘を受けた言葉が多く、もう一度テキストを見て学び直したい」
「塾の商品は生徒、世の中で高い評価を受ける人材を作り上げる、になるほどと思った」
「生徒のための取り組み、精神が素晴らしいと思った」
「説明がわかりやすく、楽しく聞く事が出来た」
「ここまで徹底して細かく生徒や保護者の事を考えているのに驚いた」
「自分も益々挑戦していきたい、と強く思わされた」
「3分で伝える、という取り組みに感心した」
「翔英館で働いてみたいと自然に思った」
「情熱があって天才だと思った」
「悲しみや苦しみから生まれたエネルギーの強さに驚いた」
「分析力が素晴らしい」
「自塾のスタッフに刺激を与えたい」
「予定を変えてでも銚子に来て良かった」

IMG_9794.jpg

過分なる評価、本当にありがとうございました!
良かったです。
良かったですが、「私が良かった」のではなく、生徒さんに対して「君たちが通っている塾は他の街の塾の先生が見ても良い塾なんだってよ!良かったね!」の「良かった」です。

そして、せっかくこんな所までお越しいただくのであれば、ということで準備を入念に行いましたが、ある程度ご満足いただけた様で、ほっとしました。

私としては、その様子を見たスタッフから、「自分は凄い塾で働いているんだと改めて認識できた。とても誇りに思う。益々精進したいと思った」と言われた事がとっても励みになりました。

ただし、これで驕りたかぶる事はありません。
私はプラスの評価を受ければ受けるほど、「不安になる」様です。というよりも、「期待に応えなければ!」と益々不安になりました。最近、益々この傾向が強いです笑

自分でも「完全に正しい」と思っているわけではありません。ひょっとしたら間違っているのかもしれません。「翔英館の取り組みは100%絶対的に正しい!」だなんて、口が裂けても言えません(これを言う人はプロフェッショナルではないと考えています)。

実際に、直さなければならない所は数え切れないほどありますし、逆に翔英館が他の塾さんから学ばせて頂きたい所もたくさんあります。翔英館よりも良い塾はたくさんあるはずですし、翔英館よりも成績が上がる塾もきっとあると思います。もっともっと深く考えて行動しなければ、「見た目だけの薄っぺらい塾」になってしまいます。問題や悩みは尽きません。

ですが、常にその様な「不安な気持ち」「疑問」を持ち続け、これからも生徒さん、保護者の方のために、精進して参りたいと思います。

最後に。
当日お越しいただいた先生方、本当にありがとうございました!
自分を見つめ直す良いきっかけともなりました。
心より感謝申し上げます。

井原
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。