スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翔英館の自習室

こんにちは。

7/23より夏期講習スタート!
「後悔と懺悔の天王山」夏休みを、有意義に効率的に乗り切りましょう!
(翔英館に新入希望の方は、0120-174149(イーナヨイジュク)までご連絡ください!)

さて、本日は「翔英館の自習環境」について詳しくご説明。

受験の合格に向けて、「素晴らしい指導がある塾」はもちろんですが、結局最後は自分一人との戦い。「教わるだけ教わるけど、自分では学習しない」というタイプの人は、勝てません

よって、「自習環境」が君たちの合格に大きな分岐点になってきます。

「家で学習できるもん!」の人は何の問題もありませんが、ついつい色々な誘惑に負けてしまう事も、、、。「家」は慣れ親しんだ環境ですから、どこにサボりの口実が隠れているか、皆さんは知りすぎているのです。

<自習のポイント>
①まず、自習は「人のいるところ」「人の目があるところ」でやるべきです。
例えば漫画喫茶の個人ブースの様な、完全に隔離された環境よりも、「誰かに見られている」方が、実は集中して真面目に学習しますよね(皆さんのお部屋を締め切って学習すると、いつのまにかサボっている、という事があるでしょ?)。
適度に人の目があって、適度に周りの環境音が聞こえる方が、実は集中出来るのです。

②また、学習の成果は「時間で測る」のではなく、「ページ数で測る」でもなく、「成果」で測りましょう。何時間やった、何ページやったなんて、成果には全く関係ありません。30ページ進めて丸つけをして終了するよりも、15ページ進んで残りの時間を理解に回した方がよほど効果的です。

③次に、「その時の気分にあった環境」で自習をする事。

塾の中に「俺の席」を作る事を認めている様な塾もありますが、色々な理由でお勧めできません。
まずは、「家ではない」と言いながら、結局慣れ親しんだ同じ環境で自習をする事になりますので、マンネリ化して集中力が上がらない事があります。塾の机の中に置き勉をしたり、まるで自分の持ち物の様に使っているうちに、「いつもの場所」になってしまいます。

もう一つは、「その席をあなたが占有しちゃったら、他の人が使えない」じゃないですか。例えばあなたが高校3年生だった場合、「先輩、そこ自分も使いたいんで、どいてもらえますか?」って言える後輩がいると思いますか?言われた事ない?当たり前でしょ。塾の中であなたたちに逆らえるのは、先生以外にいませんから。上級生は「文句を言うヤツが誰もいないから威張っても良い」のではありません。下級生に優しくしましょう。

皆さんが気分良く公平に平等に使える様に、翔英館では「俺の席」を認めていません。
中には「○○っていう塾は、自分専用の席があって、置き勉も認めてくれるんですよ!いいなぁ!」っていう人がいますが、それが「通っている塾生全員分」の「俺の席」が作れるならば、良いんじゃないでしょうか?全員平等で。

とにかく、「いつも私がここに座っていて、隣はこの人で、前はいつもこの人」という環境では、緊張感がどんどん薄れます。席替えをしましょう。

※実を言うと、翔英館も以前は「俺の席」を認めていた事があります。でも、「どうせ俺の席だから、汚しても構わない」「どうせ俺の席だから、シールを貼ってもいい」「どうせ俺の席だから、机の中はごちゃごちゃ」みたいに、綺麗に使わない人が多かったのと、「あの後輩、俺の席に座っていやがる!舐めてんのか!」みたいな、意味不明ないざこざがあったので、一切認めなくなりました。

④しかし、「いつも自習する場所を探しているジプシー」状態ですと、「自習する場所はあるのだろうか?」「今日はどこで自習をするべきなのか?」と不安になってしまうと思います。「あそこに行けば必ず自習するスペースがある」事が大切ですよね。

⑤そして、メリハリをつけて、ダラダラとやらない事です。皆さんは飽きっぽいですので、「今日は集中して10時間も数学をやったぞ!」なんて、心地よい疲れと共に達成感を感じちゃう人がいますが、それってほとんど効果がありません。「色々な教科で、インプント&アウトプットのサイクルを、短時間でぐるぐると」がポイントです。

→まだまだ自習のポイントはありますが、次は翔英館の「自習環境」への拘りをご紹介!

==========================================
①教室型自習室
まあ、どこの塾にも「授業をしていない空き教室」がありまして、恐らくこのタイプを以ってして、「自習室です!」と言っている塾が多いと思います(「ただの教室じゃん!」ってヤツですね。小さな塾に多いです。もっと酷いと、「教室だけで自習室はない」という塾もありますが、授業だけをしていれば生徒の成績が勝手に伸びると思っているのでしょう)。翔英館にも「空き教室」はありますので、授業が行われていない際は使ってください。意外と「教室型の自習室が好き!」という人も多いですね。
IMG_8706.jpg

②自習ブース
少し大きい塾の自習室や、図書館や学校の図書室などに多いです。
翔英館では2階にあります。座っていて疲れない、柔らかいオフィスチェアーと明るいLEDスタンドで、皆さんの学習をバックアップ。「視界が遮蔽された状況で最も集中できる」というタイプの方にオススメです。
今年の春に翔英館の自習室の仲間入りをしました。
IMG_8709.jpg
IMG_8691.jpg
IMG_8728.jpg
IMG_8696.jpg

③ラウンジ型自習室
おそらく、この様な自習室が存在するのは、翔英館だけではないかと思います。
一見「カフェ」の様なソファ席で、中にはあぐらをかいて学習している生徒さんもいます。現在、一番人気の自習室です。初めて見た方からは、大抵「なんだこれ?」と仰っていただけます。
このタイプの自習率を作ろうと思ったきっかけは、まさに「カフェ」で学習や仕事をしている人が多い事に気がついたからです。実は私も好きです笑
IMG_8697.jpg
IMG_8693.jpg

④ソファ型自習室
3階入り口にあります。ここは「自習」と言うより、「共同学習」に向いています。もちろん自習は一人でやるべきなのですが、お友達と協力し合いながら、わからないところを教えてもらいながら、、、という作業が出来るスペースとして、あえて対面式で座席を作っています。
皆さんの成績が上がる一番の方法って何だか知ってますか?
実は「人に教える事」なのです(塾の先生がその教科を得意にしている一番の理由です。逆に「ただ聞いているだけ」が一番何の効果もあがりません。)。
得意教科を人に教えたり、苦手教科を友達から教わったり、皆さんのワークスペースとして是非活用してください。黒板も設置されていますので、よかったら使って下さい(使ったら、綺麗に消してね!)。
IMG_8705.jpg

⑤テラス型
1階入り口の前に設置されている、屋外自習スペースです。
「今日は外の風に吹かれて学習したい」という人にオススメです。室内で自習をして、飽きた人が気分転換に使う事が多い様です(そう、翔英館の自習室は「飽きる」に徹底的に対応しています)。
IMG_7639.jpg

⑥ラウンドテーブル型
2階吹き抜けの下に設置されている、ちょっと変わった空間です。高い椅子に座って、丸いテーブルで自習する事も出来ますよ。この席は「限定1名」が使用する事が出来ます。
IMG_8698.jpg

⑦カウンター型
まるで「受付」の様なスペース。こちらも高い椅子に座って自習する事が出来ます。前の視界は開けていてほしいけれど、背後に人が通るのが気になる人にオススメ。「自分が人から見られている」事はしっかりわかりますので、集中力と緊張感が違います。
IMG_8702.jpg

⑧これは「自習環境」とは言えないかもしれませんが、3階のカウンターで「立って」自習をする人もいます。眠気覚ましってやつですね。結構いい雰囲気でしょ?笑
IMG_5263.jpg

⑨他にも、「階段の踊り場や校舎前のベンチで暗記モノを」やっている人もいます。皆さんの工夫には頭が下がります(そういえば前の校舎で、廊下に机と椅子を出して自習している子たちがいたなぁ、、、)。
IMG_8730.jpg

→いかがでしたか?翔英館の自習への拘り。
皆さんの「お好み」の自習環境は、(ほとんどが)翔英館の中にあります。

真剣に授業を受ける!空き時間は真剣に集中して、しかも「効果があるやりかたで」自習する!
これを繰り返せば、必ず成績は上がります。

「学習方法」については、遠慮せずに翔英館の先生に相談してね!

スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。