スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しいです。

こんにちは。皆さんお世話になっております。

最近、悩んでいます。

翔英館を「あそこはレベルの高い子が通う塾だから」で敬遠し、心理的な障壁と敷居が高いと考えていらっしゃる方が多い様です。

こちらとしては全然そんなつもりはなく、「どんな子でも誠心誠意対応して、成長させてあげたい!」という姿勢でいるのです。集団授業はそこそこのレベルがありますが、お勉強が苦手な子でも学習できるシステムや環境や指導を整えているつもりなのですが、、、。

むしろ、翔英館は「最初からできる子」よりも「できない子」の方が好きなのです。順風満帆な子よりも、現状の自分と比べて高い山を設定し、それに必死で登ろうとしてもがく。例え挫折したとしても、そういう子が大好きなのです。

例えば翔英館の実績や学校の成績順位を見て、「最初から出来る子しか通っていない」と思われているのであれば、大変失礼な話です。翔英館に対して失礼なんじゃなくて、翔英館の中でがんばって精進して栄冠を勝ち取ったこどもたちに失礼です。

翔英館は入学時の成績で差別した事などありませんし、入塾テストも課していませんし、課したこともありません(小学生の入塾テストを実施していた時期がありましたが、これは「やる気」と「現在の学力」を測るもので、成績によって不合格にした事は一切ありません)。

早い話が、「入りたい人は誰でも入れる」のです。「頼ってくれてありがとう。今の君はどんな状況だろうと、ここから向上させてみせる!」のつもりでやっているのです(目標と理念としてです。何とかアジャストメントしようとして、それでもやっぱり「ついていけない」で辞めてしまった生徒さんももちろんいます。ごめんなさい。)。

繰り返しますが、「できない子お断り!」みたいなつもりは一切ないです。むしろ出来ない子であればあるほど、やる気とプロ根性が刺激されます。どんな状況の子でも、オールレンジで対応出来てこそ、プロだと思います。

企業が自分発信でセルフイメージを構築する事を「ブランディングとCIの構築」といい、生徒や街の評判発信でイメージを構築する事を、「習慣と文化の構築」と言います。一度染み付いたイメージを覆すのは、なかなか大変な事です。偏見や先入観によって、本来出会うはずだった子たちと出会えないのは、とっても悔しいです。

★追伸。
国立大学の結果も出ました。
幸いな事に、国立受験生は全員前期試験で合格することが出来ました。また、公立高校の受験結果も、おかげさまで10年連続全員合格となりました。全て、生徒さんの努力の成果です。

詳しくはwebサイトをご覧ください。
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。