スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾はどうみられるべきか?①「こんな塾はダメだ!」

1476080_479525212160054_1259053894_n.jpg

11月24日。

晴天の中、公益社団法人全国学習塾協会関東支部の研修会が、弊社総合教育商社翔英館本校で開催されました。関東地方の東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、群馬の各地よりお客様をお招き致しました。

内容は「こんな塾はダメだ!」「ブラック企業の条件」「コーポレートスローガン」「未来に繋がる組織になる為に」など、塾業界を内側から否定して、抜本的な意識改革を促す内容で行いました。

【ダウト!こんな塾はダメだ】
まずは私がゼロから制作した、「隅から隅まで突っ込みどころ満載」の塾のパンフレットを使って、「ココがおかしい」「あそこがおかしい」という箇所を皆さんに突っ込んでもらいました。

ある程度のコンプライアンス遵守の感覚があれば当然の様に守っているべき内容ですが、いつの間にか守っていない、またはモラルに反している、その様な箇所を再確認する事で後に繋がる「塾の未来の形」を考え直してもらうきっかけとしました。以下はその一例です。

・他社のコーポレートスローガンをパクっている。
・見栄を張って組織を必要以上に大きく見せようとしている。
・地域No.1、地域最強など、根拠の無い大袈裟な表現を使って不当表示法に違反している。
・実際のサービス内容と掲載された写真に相違があり、どこかから無断で写真を引用して著作権法に違反している。
・合格実績の出し方が曖昧で、何年分かもわからず、「まとめて何人」という出し方をしている。一定期間在籍した生徒以外の実績も含まれている可能性がある。
・受講料金やテキスト代が不当に高く、意味不明使途不明の料金が含まれている他、料金表に含まれていない追加の料金が発生可能性がある。
・「いかなる理由があろうとも返金できない」など、塾に関する特定商取引法違反をしている。
・遅延損害金があり、その利率は闇金も真青になるくらい高く、消費者契約法に違反している。
・必要以上の個人情報の取得が行われており、個人情報保護法に違反している。
・入塾を決意するまで中々帰してくれなそうなイメージを植え付ける。
・講師紹介で、根拠も無く「指導力日本一」「カリスマ講師の最高の指導」などの記述。
・チンピラ自慢、犯罪自慢。
・体罰。
・朝から晩まで不当に「任意の強制労働」で働かせられる、ブラック企業の体質。
・友達紹介の景品が高額すぎて、不当景品法に抵触する可能性。
・「キャンペーン」であれば期限を切るべきだが、随時友達紹介キャンペーンを行っている。
・生徒を営業マンとして扱っている。
・テキストのコピーの配布など、著作権法違反が行われている。
・有料で生徒の送迎を行っているが、二種免許も緑ナンバーも取得していない。
・飲食店営業許可もなく、有料で生徒に料理を出している。
・安全対策として、本物の警備会社の通報システムではなく、シールだけで誤摩化している。
・募集要件が「年齢経験学歴全て不問」である。また、ド素人がやっている可能性もある。高校生でも出来る可能性のある記述。
・塾をお金儲けの道具としてしか考えていない。
・やたらと労働時間が長い。
・それに応じた給料額が低く、最低賃金に到達していない。
・営業の研修はあるが、教務研修はない。
・社会保険が完備されていない。アルバイトでも労災保険は適用する必要があるが、ない。
・連絡先がフリーダイヤルしかなく、住所も書いていないのでどこにあるのかわからない。
・新校舎開業計画が無茶。または見栄っ張りで実現不可能な事を言っている。
・求人広告で「お金儲け」を臭わせる記述や写真を使っている。

などなど。「こういう事は普通に塾で行われている」という「普通」。普通だったら正しいかと言えばそういう事では無く、「大多数が普通に違反している」という事が沢山あるわけです。

例えば、生徒が先生に、「せんせぇ〜、ここちょっとコピーして〜」で「いいよ〜」で渡す。はい、ダメ。
例えば、先生が「お!この新聞のこの記事、ちょっと良いな。コピーしてみんなに配ろう!」。はい、ダメ。
例えば、生徒の情報が入った名簿等を、鍵のかからない場所にいつでも誰でも見られる様に置いてある。はい、ダメ。

「良い塾」の基準は色々あって良いと思うし「これを満たしているのが良い塾だ!」みたいに杓子定規に決める必要は無いと思いますが、「これをやったら悪い塾」というパターンはなければなりません。

残念ながら塾業界は以上の様な事が横行しており、3年以内の離職率が48.9%という所からも「ブラック業界」と言って間違いないと思います。

勿論、「いや、業界はブラックだけど、うちの塾は違うよ!」という事で自社の福利厚生や労働環境向上の努力を重ねている塾もありますが、大抵その様な塾は「自塾の事」だけを考えています。それは当然といえば当然ですが、それでは意味が無いのです。

もの凄く荒れ果てた村があったとします。その村では違法行為が平気で横行していて、ゴミだらけで、それが当然だと考えている村民が大多数を占めている。その中で「私の家だけは綺麗です」と言った所で、「その村自体に入りたくない」という人もいることでしょう。

つまり、塾業界全体の掃除をしなければ、どんなに一部の企業が努力をしても、「所詮塾でしょ?」という事でその企業の評価も上がりません。

「子どもに勉強を教えるのが好きだから」で塾を始めた人が昔は多かったのはわかります。だからといって「子どもに勉強を教えさえすれば、後は何をしなくても良いし、何をしてもいい」という事ではないわけです。

ここまでお話した所で、「プロローグ」が終了しました。

(続きます)
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。