スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾の日と塾の存在価値

10月9日は塾の日。ご存知でしたか?

毎年10月9日周辺で、
公益社団法人全国学習塾協会主催の「塾の日シンポジウム」が開催されます。

ちなみに、社団法人には公益社団法人と一般社団法人がありまして、
前者に昇格するには「社会に対して公益性がある」
という事を、公に国家から認められなければなりません。

全国学習塾協会の場合、今年の4月1日より承認されたわけですが、
認可を狙って却下された社団法人も相当数あるとの事です
(例えば、皆さんご存知『日本大相撲協会』とか)。

それだけ塾の存在は社会的影響力が認められ、公益の存在である、という事ですね。

さて、今年の「塾の日シンポジウム」は10月14日(月)に東京で開催されます。
全国学習塾協会が生まれて25年、公益社団法人になって1年目の記念すべき年です。
(今回は私も実行委員の一人になっていまして、広告の作成他を担当する事になりました。)

現在2週間に一度のペースで実行に向けた会議を行っています。
テーマはどうするのか?具体的な内容はどうするのか?
全国学習塾協会だけでなく、その他の学習塾団体の代表者の方も交えて真剣にお話しています。
※いっぱいあるんですよね。
翔英館は公益社団法人全国学習塾協会と、千葉学習塾協同組合の加盟塾ですが、
今度、全日本私塾教育ネットワーク(私塾ネット)にも加盟する事になりました。

まだまだ私は協会の中でも発言力の無い立場ですので、
そんなに強くは言えませんし、今迄の伝統もあるのでしょうが、
どうも内容を議論する際、「塾の先生の為の内容」に偏る様な気がします。

結局塾は「塾の先生の為にある」のではなく、「子ども達の為にある」のですから、
参加した全国の塾の先生が自分の塾に帰って、
子どもの未来に向けて子どもに与えられる様な、
子どもの本当の姿や意見がリアルに見えて来る様な、
「塾の先生が勝手に考えた子ども像」ではない真実を伝える様な、
本当に子どもの為になる、

そんな内容になれば良いな、と考えています。

翔英館は常に、「何をしても結局は子どものため」でありたいと思っています。

(井原)
スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。