真のゆとり教育

【Pyramid千葉大学合格プロジェクト】


今年度より、小学生の「ピラミッドコース」で、「千葉大学合格プロジェクト」を始めました。

まあ、別に千葉大学に限った事ではありませんが、国立大学に合格するために必要な事。

現状では、「直前に思い立つ」事ではなく、早いうちからそのような目標を立てる事です。

「英語と、国語と、日本史だけ学習して合格する」私大文系などと違って、5教科を満遍なく学習し、平均以上の成績をとる事が必要になります。何か特化した教科を幾つか作るのもそれは大変な事ですが、全てをコンスタントに得点する、という事は、なかなか努力のいるものですよね。

昔の生徒さんで、「早稲田大学法学部」から国家公務員1種合格を目指していた生徒さんが、その学習中にこんな事を感じた、と仰ってくれました。

「先生、僕は今コクイチ(国家公務員1種試験)目指してますけど、周りに東大の人がいっぱいいて、感じた事があります。コクイチを通るためには、『何か一部が突出して出来る』という事よりも、『全て満遍なくハイレベルに出来る』力が必要なんですよね。そして、東大の奴らは、大学受験の勉強でそれを一度経験しています。自分は最初から私大狙いだったので、その能力というか、習慣が足りていない分、彼らに劣っている、と感じました。国立大学を目指した学習をして、そのような習慣をつけておくべきでした。」

と。

つまり、小学生や中学生のうちから、自分に対する勝手な思い込みで、「自分は数学が苦手だから」「国語が出来ないから」などとレッテルを貼って、自分の可能性に勝手な限界点を引いてしまうと、将来の選択肢が狭められる事になります。

翔英館の小学生学習コース「ピラミッド」という名称はそのような「積み重ね」を意味しています。小学生のうちから「(勝手な思い込みによる)苦手教科を作らない事」、そして「学年の垣根を越えて将来の準備をする事」を可能にさせるためのコースです。

さて学習は、インプットとアウトプットは両方大切。しかし特にアウトプットの時間を増やす事の方が大切です(かといって、インプットをしていないのに、アウトプットばかりしても意味がありません。毎週模擬試験を行うとか、、、)。

※私立中高一貫校では、高校2年生までにある程度の学習を終了し、3年時を「演習」に当てる傾向があります。 その分だけアウトプットの量が増えるという事。つまり、「私立中高」というと「詰め込み」のイメージがあるかもしれませんが、これこそ「真のゆとり教育」を行っている、という事です。

 2021年(2020年度)より始まる「新システムの大学受験」では、中高一貫で先取り学習が出来る私立中高一貫校はますます有利になります。現在の中学2年生より、「学力+α」が必然的に求められるようになるわけですから、「真のゆとり」は必ず重要視されるようになります。

しかし、公立中学に通いながらでも、「出来に応じて先取り学習」を行う事が出来れば、学年の垣根を越えた学習が十分に可能です。もちろん学校の定期試験対策学習との二本立て、になってしまいますが、「定期試験と高校受験のみ」を想定した学習ではない、そのような学習ライフを送る事を提案します。翔英館では「公立小中高に通いながら、十分私立に行ったのと同じ効果をもたらす」コースを設置した、という事です。

ピラミッドコースに「自立学習&家庭学習マネジメント」を追加した、オプションコースです。

※「先取り学習」の罠

子供向け英語教室などでは、「英会話」以外に「小学校卒業までに英検3級を目指そう!」といった取り組みが行われている事が数多くありますが、実は翔英館では「小学校のうちから中学校範囲の学習を済ませる」事が、必ずしも良い結果を導く、とは考えていません(その後のやり方次第、という事ですが)。

なぜか?

小学校のうちに中学生で扱う内容を済ませてしまうと、特に英語では「学校の授業が簡単すぎてバカバカしい」といった子が生まれます。学習しなくても、学校のテストで高得点が取れますので、やるわけがありません。そして、完全に「学校の英語を舐めきった子」は、「英語の学習習慣」が欠如していますので、中学2年生あたりで「助動詞」「不定詞」「動名詞」「比較」といった少し複雑な文法事項が出てくると、(一度やったとはいえ、そんなに詳しく教わったわけではありませんから)「どう学習していいのかわからない!」という事態を招きます。

そうなってからでは、もう遅いです。

つまり、どんなに先取り学習をしても、「結局中学校に入学したら、他のみんなと同じくアルファベットの書き取りや、単語の練習から始めて、be動詞の現在形をやって、、、」という形で、「みんなと同じラインに戻されてしまう」事が大きな問題です。(※小学校卒業までに中3の関係代名詞や現在完了形までマスターした子は、中1になって過去完了や仮定法に進む事が出来る、というわけではないのが問題なのです)。

Pyramidでは、その気さえあれば、「学年の垣根」を一切無視して、どんどん進みます。
出来る子であれば、「中学3年生卒業までに高校内容を全て終了し、残りの3年間は演習時間や、その他自分の得意分野を探す時間に当てる」事も出来ます(理想ではありますが)。

誤解しないでいただきたいのは、「出来る子が偉くて、出来ない子(遅い子)がいけない」という事ではありません。ゆっくりが良い子はゆっくりでも良いと考えています。

出来不出来に関係なく、「みんなと一緒でいつまでも先に進めないから、せっかくの才能が折れてしまう」という所が問題なのです。

そのようなジレンマを壊すために、Pyramid千葉大学合格プロジェクトでは、「公立中学に通っていても、私立中学と同様かそれ以上の『その子の能力に完全にマッチした学習プログラム』を組んでいく事が可能です。

【勉強なんて、受験の直前で充分???】
「まだ小学生だから、塾は早いよ!勉強が出来るようになったって、幸せになるとは限らないよ!中3になって受験が必要になったら塾に行かせるよ!」

といった理論で、子供の学習を重要視しない、小学生(受験をしない子)の保護者の方がいらっしゃいます。

しかし、逆から考えてみてください。
「中3の夏、部活動が終わったら塾に行かせる」といった段階で、本当に追いつく事が出来るのか?

中3で扱う「平方根」を解く際、中1の正負の数すら分かっていないのであれば、「絶対に」解く事は出来ません。
中3の「二次関数」を理解する上で、中2の「一次関数」の理解は必須ですし、その理解のためには「比例のグラフ」の概念がなければ解けませんし、その比例のグラフも「小学校6年生の比の概念」がなければ出来ません。

高校受験は中3範囲だけで戦うものではありませんし、部活動を終了していきなり目覚めたとしても、上記した様に、「結局小学校6年生の範囲から遡る必要がある」という可能性もあるわけです。

学習は「積み重ね」なのです。

その上で、「小学校低学年であれば、まだ親の私が教えられるから、塾なんていらない!」という方もいらっしゃいますが、「教えられる」のと「知っている」のは違います。

「面積はたてかけるよこで出す」を知っていても(つまり公式を知っていても)、「なぜたてかけるよこで面積が出るのか?」まで教えられる方はそんなにいらっしゃらないと思います。学習で一番大切なのは、「暗記すること」ではなく「なぜそうなるのかを理解すること」なのですから、ただ公式を叩き込めば良いというものではありません。

塾の講師は曲がりなりにも「プロ」ですから、「なぜそうなるのか?」を伝えながら授業をします。
「どうして8センチ×6センチの面積が40センチなの!まだ公式覚えてないの!」のような、機械的な指導はしません(そこが、素人の方とプロの違いだと思っています)。

計算や漢字をプリントでひたすら解いて、、、という方式の全国的に有名な「塾」もありますが、そのような塾で訓練された子は、計算のスピードが速くても、「どうしてそうなるのか?」「その計算を何で使うのか?」が欠落している事が多いようです。

また、「理科、社会は暗記教科だから」という理由で重要視しない方も多いですよね。
社会が暗記教科??とんでもない。
もちろん、問題を解く上での「基本知識」の定着は必要ですが、その知識を暗記しただけで解ける入試の問題など存在しません。例えばこれは私の創作問題ですが、「暗記」だけで解けるでしょうか?

「明治維新に続く260年に及ぶ武家政権が開かれたが、その政権確立の決め手となった天下分け目の戦いが起こった場所を、地図中から選んで記号で答えなさい」

まあ、このような問題が実在するかはわかりませんが、「推測の力」が必要となりますよね。江戸幕府であるという事を推測し、関ヶ原の戦いを推測し、岐阜県を推測し、その正確な場所を地図上から導く(「歴史は得意だけど、地理が苦手。地図が嫌い。」といった子もいますが、歴史にも「地図」は登場しますから、「地図がわからずに歴史の問題を解く」なんてありえませんよね)。

このように、「塾に通ってもらう」という事は、(他の塾はどうかはわかりませんが)「単純に答えを教える」「覚えさせる」ではなく、「解答に導くプロセスを理解させる」という事だと考えています。

それが「プロ」の仕事だと思います。

「やろうと思えば誰でもできる事を、わざわざお金を貰って行う」事は、プロとして恥ずべき事だと考えています。
ですから、通ったら、通わなかった時と大きな違いが出なければならない、その様に考えて精進してまいります。
スポンサーサイト

サービス向上。

こんにちは。

本日は本当に暖かいですね。
なんとか半袖でもやっていけそうな気候。
一年中この気候なら良いのに(農家の方がどうのこうの、はとりあえず置いといて)。

さて、塾も「サービス産業」ですから、一方的で独善的なサービス提供では成り立ちません。
翔英館としての理念や目標は変えず、できる限り皆さんのニーズにお応えする努力をしようと考えています。

IMG_8339.jpg

《授業アンケート》
翔英館では、毎講習(年3回)終了後に必ず無記名授業アンケートを取る事にしています。

やる気が出る、説明がわかりやすい、情熱がある、質問に対する答えが的確、質問しやすい、声は聞き取りやすい、板書が見やすい、頼りになる、、、、、などなど20項目にわたって各5点、合計100点満点で我々の指導をチェックしてもらいます。

自分たちではそういうつもりでなくも、生徒さんから見たらそう見られている、様な事もたくさんあるわけです。
毎回毎回とっても勉強になりますし、毎回毎回恐怖で、そして毎回毎回反省です。

「モチベーションの項目が他の先生より低いなぁ」とか、
「説明がわかりにくいって思われているのかな?」とか、
「話しかけにくいって思われている様だ」とか。

本当に反省の繰り返しです。
当然厳しい評価もありますので、そこは改善しなければなりません。
できれば耳が痛くて聞きたくない事も、改善しなければなりません。
個人として、そして全体として改善する項目を見つけ、
その後実行に移さなければなりません。
数値化してスタッフ全員の反省材料となります。

毎回アンケートに協力してくれる生徒さん、本当にありがとうございます。

《個人担任システム》
また、翔英館では「個人担任制」を導入しています。
というか、以前は導入していたものを、復活させる事にしました。

進路相談、学校や部活動の悩み、学習のアドバイスなどを行う「専門窓口」を、一人一人の生徒さんの要望に応じてスタッフの中から一人選んでもらいます。やっぱり人間には「相性」もあると思いますので、自分が一番話しやすい、自分が一番信頼がおける、という先生を選んだ方が良いですよね。

(そういうつもりはないのですが)「とっつきやすい先生アンケート調査」みたいになってしまい、ここからも「ああ、この子に取ってはこの先生は話しにくいと思われているのかな?」など、こちらも学ぶ事があります。

この様に、「一人一人の生徒に着目する」システムもできていますので、放って置かれる事などありませんので、ご安心ください。

現在調査中ですので、すべての希望が揃いましたら、正式にみなさんにお伝えします。

《学習環境とは?》

「塾は勉強を教えるところ」というコンセプトは、正解の様で、正解まで足りていません。

塾は「学習環境を与えるところ」だと思っていますので、「質の高い指導や授業」「ニーズに応じた指導スタイル」「一人一人の生徒によって違う成績向上の道の提供」「モチベーション」「喜んで通いやすい環境」「自習環境」「的確な進路アドバイス」「相談しやすい先生」などが、全て条件として揃った上で、これを全てまとめて「学習環境」と呼ぶ事にしています。

アンケートも、個人担任制も、その環境改善の一環として行っています。

翔英館は、これからも「最高の学習環境」が提供できる様に、努力したいと考えています。

=============================================
お知らせ

【4月度新年度説明会】


✳︎新入学・進級のシーズン。塾をお探しの皆さんへ。

4月も新年度説明会を開催致します。

日時:4月16日(土)・17日(日)13:00〜14:00
   ※両日とも同じ内容ですので、お好きな方にご参加下さい。
場所:総合教育商社 翔英館 銚子本校

在校生の方でまだ説明会に参加していない方や、翔英館にご興味がある方は、ぜひご参加下さい。

以下、当日のコンテンツです。

===============================

《徐々に変容する教育》
◉2021年の大学入試改革とは?
◉「知識を教える」だけの塾はもう古い?
◉多様化する知育型習い事とその意味とは?:ウルトラキッズの存在意義
◉ゆとり教育の終焉で求められる学校像とは?
◉知識偏重型から解決力重視型の教育へ
◉公教育と民間教育の連携
◉受験は情報戦?「知らない&教えてもらえないということのデメリット」
◉4技能重視型の英語教育
◉塾関連のルールやモラル

-------------------------------------------------------

《翔英館ってどんな塾?》
◉理念やあれこれ
◉指導研修について
◉安全・清潔・安心な塾作り
◉大手塾にも負けない情報ネットワーク
◉笑顔と元気とやる氣を与える塾づくり
◉「勉強」ではなく「学習」をお勧めする塾づくり
◉翔英館のあゆみのご紹介
◉「翔英館」「しょうえいかん」「Xanadu」の違い
◉各校舎の役割のご紹介
◉指導コンテンツのご案内:一斉授業・自立促進型演習個別指導・学校定期テスト対策・SIC・学習マネジメントなど
◉保護者の方&生徒様へのお願い
◉受講料金・年間開館スケジュール・時間割のご説明

-------------------------------------------------------

お問い合わせは、0120-174149まで。
お待ちしております。

春期講習が終わり...。

ふぅ....。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
すっかり春である、と云っても吝かではないのではないでしょうか?

さて、今日は「恥ずかしい話」をあえて。

3月22日から始まった春期講習は、ようやく昨日5日で終了。
今回は「一切休館日なし!毎日開館し続ける!」
という取り組みでチャンレンジしてみました。

今まで歴代の先輩たちから、
「翔英館に対する不満」として....

「長期休暇中は毎日自習に来たいから、毎日開館していてほしい!」

という物がありましたので、実現してみたわけです。
※今までは、3日授業をして、1日休み、というローテーションを取っていました。

で、この目的自体は無事達成する事が出来たのですが、
実は他に大きな問題が発生している事に、
「(開始前ではなく)開催中に」気がついてしまったのです。

「あれ?この学年、春休み中、一体何日連続で塾に来て授業してるんだよ!」
「学校ですら5日で一回休めるのに、いくらなんでも翔英館に来すぎだろう!」


いや、どなたかから厳しくご指摘されたとか、
クレームの電話がジャンジャン鳴り響いたとか、
そういう事は一切ないのですが、
もし自分が「何日も連続で同じ場所に通い続けろ」と言われたり、
自分の子供の送り迎えを何日も連続でやれ」って言われたら、、、、
ブチ切れるんじゃないだろうか、と思いまして。
どのくらい「ヤバイ」かと言いますと、中学3年生であれば12日連続で授業があった(!)、くらい「ヤバイ」ものでした。

「お前の塾は、人の都合を何にも考えてないな!」
と言われても、「おっしゃる通りです」としか言い返せない代物です。

ひょっとすると、「あれ?何だか春休み中はやたらめったら塾があるなぁ」と気がつかれていた方もいらっしゃると思います(気がつかれていて、何も言わずに送り出して下さった保護者の方、通ってくれた生徒さんに頭が下がります)。

この時間割が出来上がって来て、チェックをしてゴーサインを出した私が一番マヌケなんです。
本当に申し訳ございません。途中まで、本当に気がつきませんでした。
夏期講習以降、この様な事がない様に、厳しくチェックを重ねた上で時間割をリリースしたいと思います。

今回の不手際を真摯に受け止めて、心よりお詫び申し上げます。

と、同時に「こんなマヌケな時間割」に、
文句ひとつ言わずにおつきあい頂いた生徒さん、
そして送迎のご協力をしてくださった保護者の方に、
本当に本当に、心より感謝申し上げます。

皆様の寛大で優しい御心に支えられて愛されて、
うちの様なマヌケな塾の存在が許されているんだなぁ、
としみじみと実感致しました。

「美しい時間割」は確実に存在すると思います。
「頭の悪そうな時間割」も存在すると考えております。
今後は必ず、前者の様な物を目指して参りたい所存です。

「ええ?翔英館の講習って、何日も連続で行かなければならないんでしょ?だったら行きたくない!(ガクガク」

の様な事は、今後一切ございません(断言します)。

他にもまだまだマヌケな部分はあるかもしれませんが、
反省すべきところは必ず反省致しますので、
翔英館へのご指導ご鞭撻を、何卒宜しくお願い申し上げます。

学長 井原
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク