スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「上手に教える」よりも「進んで学ばせる」ために。

しばらくブログの更新をサボっていたら、「広告」が出てしまったので、当たり障りのない事を書いてみたいと思います。

先日スタッフ数人とこんな話をしました。
生徒たちは何のために塾に来ているのか?

「勉強を教える」「知識を学ぶ」事が塾の社会的意義である、その様な勘違いをしがちですが、それならば参考書と問題集を買ってきて自分で学べば良いわけですから、わざわざお金を払って塾に来る必要もありません。

塾の存在意義は色々とあるかもしれませんが、その一つに「進んで学ぶ意識を植え付ける」事があるのかもしれません。

例えば何故数学を学ぶのか?
「学校でテストに出るから」「入試に必要だから」という意識で授業を受けていれば、つまらない事この上ない。実際中学高校の学習なんて、大学に入ってからのアカデミックな学問に比べればつまらないのは間違いありません(だからさっさと合格して、大学生になって、社会に出て、いろいろな「本当の」事を学んで欲しいと思っています)。

とは言いながら、そんな先の事を言われても、「大切なのは今、定期テストに向けて自分が数学をやる気にならないという事である」でしょうから、「学びの導入」の部分で、数学の各授業にどの様な意義があるのか、工夫して伝えようよ、という話になりました。

私は実際にこの様に伝えています(感覚を植え付ける方法ですから、バカじゃないのか?という理屈も多分に含まれています。「いや、それは違う!」みたいな野暮な反論はいりません)。

==================================================

【わざわざ一部を文字にする意味がわからない】

「どうして文字式をやるんだ。xとかyとかにする意味がわからない。隠さずに全部数字で書けば良いのに、何故ややこしい事をさせるんだ?」

→名探偵コナンが謎解きをする場合、何の証拠も何の確証もなく、いきなり『たぶんあいつが犯人だ』とはならないはずだ。必ず『これは間違いない』という証拠の部分がいくつかあって、それをいくつか繋ぎあわせて、答えを導く。数学の問題は『これだけは絶対ですよ!』という部分が問題文に書かれている。そのいくつかの「事実としての証拠」を繋ぎあわせて、答えを出す。つまり君達がこれからやる事は、「探偵」と同じ事。ほら、かっこいい!

もしこんな数学の問題があったらとっても難しい。

『たかしくんと思われる人物が、家かもしれない場所から、7kmぐらい離れた公園かもしれない場所まで、最初は分速100m前後、途中からもう少し気合を入れて早歩きして、疲れて歩けなくなるくらいの時間で到着しました。さて、たかしくんの兄かもしれないひろしくんは自転車らしき乗り物で何分後に出発したでしょう?』

こんな曖昧で、謎解きをするための条件が完全に揃っていない問題を見た事がある?数学の問題は、『必ず謎解きが出来る』条件(証拠)が入っているはずだから、解けるに決まっている(高校くらいまでならね)。解けない問題よりも、解ける問題の方が簡単だし、すっきりするだろう。もし数学の問題で「人生とは何か?数式で表せ」とか出てきたら、超難問じゃないか!

これが世の中の何の役にたつかって?
条件をいくつか集めて、「謎」を解き、「未来」の予測を立てる、という事が出来る。簡単にいうと、「知りたいことが知れる」ということだ。

もし自分が好きなA子ちゃんがいるとする。
①「彼女は学校ではいつもBくんといちゃいちゃしている」②「Bくんと一緒に映画館にいるところを目撃した」③「公園でチューしているところを見た」④「夏休みはほぼ毎日デートをしていて、クリスマスも一緒に過ごしている」
などの「確定条件」があったとしよう。さて、A子ちゃんはBくんと付き合っているのか?
この問題の答えはおそらく「付き合っている」が正解。一分の望みにかけても良いが、ほぼ確実だろう。

逆に、上の話が「全部又聞き」と「そうらしいよ!」の「噂話」だったら、まだ確定とは言えない。「そうらしいよ!」だけを鵜呑みにして、確定の答えを出す人間はどうしょうもない。

この様に、「導き出したい謎」「知りたい事実」の部分を「未知数(xなど)」に置き換えて、このxの謎を解いてやるのが数学の方程式や文字式だ。

大人になって、「そうと決まったわけじゃない、不確定で曖昧でいい加減な噂話」に惑わされる様などうしょうもない大人にならない訓練のために、式を立てる練習をする。もちろん必ず「イコール」で答えが出てくるとは限らない。これはもう少ししたら「不等式」というのをやるよ。

==================================================

【二次関数って何の役に立つの?】

→そもそも数学は「物理」の一部分なんだけど、二次関数のグラフを見ていると、放物線を描いている。
ボールを高く上げて、頂点まで行って、落ちてくるときは上がった時と同様の放物線を描くだろう。

君はサッカー部だったね?ボールを蹴っ飛ばして、30m先の味方にパスを送りたいなら、15m先で頂点に到達する様に蹴れば良い。強い風が吹いたとか、途中で鳥にぶつかったとかでなければ、正確なパスが出せるだろう。一次関数のグラフのように、どこまでもグングン伸びていくキックを蹴れる人間なんて存在しない。

※実際に昔教えていた子で、20m先に空き缶を置いて、サッカーボールを蹴ってほぼ100発100中で缶を倒す子がいまして、「すごいね、めっちゃ正確だね!どうして出来るの?」と訊いたら、「自分のキック力と加減がこのくらいってわかっていて、20m先ならばこのくらいの高さで蹴れば10m先のあの辺りが頂点になって、多分こうやって落ちてきて当たる、って考えながら蹴っています」という子がいました。「物理の法則だねぇ」って言ったら、「???」でしたけど笑

他にも、世の中の事象は二次関数を結構使っている、自転車をこぎ始めてある程度のスピードを出すまでは、一次関数のグラフの様に「ずっと等速」で進めない。徐々に速くなる。これをグラフで表せる。逆にブレーキを握って、完全に止まるまでの距離も、二次関数で出せる。普段何気なくチャリンコを漕いでいるかもしれないが、二次関数のグラフを思い出せれば、「徐々にしか止まれないし、急には止まれない」という意識が芽生えて、安全運転する心が芽生えるだろう。命が助かるね!よかったね!

逆に、一次関数は「結果論」として、平均的にどれくらいのスピードで到着したか、みたいなデータを出すのに役に立つよ!こぎ始めと止まる時には平均ではなくても、「自分は4Km離れた学校まで、途中でコンビニに寄ったり、休憩したりしつつも、1kmを平均11分で歩くから、7時45分に家を出ればギリギリ8時半の学校開始に間に合う。」みたいなデータをくれるよ!よかったね!遅刻しなくて!

==================================================

【因数分解をする意味がわかりません】

「なんでちゃんとしているものを、一度バラバラにして、違う形にするの?意味わかんない」

→ゴチャゴチャしている物をまとめる力は、大人になってから絶対に必要だね!大人でなくても、この様なケースはどうだろう?

君のお小遣いが月に3000円だとする。お母さんが「今月のお小遣いよ!」と言って渡してきた物が、「100円が12枚、500円が2枚、50円が12枚、10円が17枚、5円が4枚、1円が5枚、という組み合わせでジャラッと渡してきたら、ウザいじゃないか。数えるのが面倒だし、「あれ?足りない?」って気がつかないかもしれない。最初から1000円3枚で渡せよ、って思うだろう。

逆に、買い物に行った時に、財布の中に小銭がいっぱいあって、使ってしまいたいと思った時、1322円は100円13枚に10円2枚、1円が2枚という組み合わせでも、1000円1枚に100円3枚、10円2枚、1円が2枚という組み合わせでも同じになる。どういう組み合わせで出しても結局同じだから、遠慮せずにレジにジャラジャラだそう!良かったね!財布が軽くなって!

この様に、答えは一緒でも、いろいろな組み合わせがあり得る、プロセスはひとつじゃない、という考え方を学べるのが因数分解だね。将来大人になって、4700円の買い物をして、1万円を出してお釣りをもらう時、「5000円1枚と100円3枚だな」と思っているところに、「1000円5枚と100円3枚」で出して来た店員に、「お釣りが間違っているぞ!」と怒鳴ってかわいそうな目で見られるようなバカな大人にならないで済むね!良かったね!警察を呼ばれなくて!

==================================================

【平方根を学ぶ意味がわかりません】

→キミたちは大学に入ったら下宿をするね。まだ部屋を見ていない状態で、不動産屋さんに「この部屋は38㎡ですよ!」と言われて、ピンと来るかな?「この部屋は人気ですから、この電話で断ったら、次の人に貸しちゃいますよ!さあ、すぐに決断を!」と言われて、即座に「正方形にすると、何m四方なんだろう?」がすぐに出せる能力があったら、大体の広さが想像つくじゃないか。掛け算九九の概念と大して変わらん。「6×6が36だから、それよりちょっと広いくらいか。えーと、ベッドをおいて、机をおいて、本棚をおいたら、、、ちょっと狭いかな?すみません、縦は何メートルですか?」と聞けるだろう。不動産屋の答えが「この部屋はちょっと縦長で、縦が18mあるんです、、、」と言われたら、すぐに断るだろう。良かったね!騙されなくて!

で、36とか49みたいに、ぴったり割れるならば苦労しないけど、いつまでたっても割れない循環小数とか、無限小数っていうのがあって、「計算するの面倒くさくね?」っていうことで、根号(√)が生まれたんね。良かったね、解答用紙にたくさん答えを書かずに済んで!面倒臭いもんね!

==================================================

【なんでマイナスにマイナスをかけると、プラスになるの?】

→まず、プラスとマイナスの世界しかないということをインプットしよう。
その上で、「マイナス」は「負」で、英語で言ったらプラスが「肯定」だとしたら、「否定」に近いと考えよう!

で、「マイナス、じゃない(ー)=not マイナス=プラス、だからだ」笑

==================================================

【ベクトルを学ぶ意味がわかりません】

→将来結婚するじゃん?子供がうまれるじゃん?子供がさ、「お父さんとお母さんの真ん中で手をつなぎたい!手をつないで、引っ張ってもらって、ブーンってしたい!あの公園の柵を越えたい!」って言うじゃん?お父さんの身長が195センチのプロレスラーで、お母さんの身長が143センチだとするじゃん?この時、二人が何も考えずに適当に腕を引っ張ったとするじゃん?すると子供の片腕が取れるじゃん?よかったね!子供の手が取れなくて!

向きや力の大きさが違えば、ベクトルが違っちゃうから、子供の手を引っ張る時は、気をつけないとね!

==================================================

【なんで確率やら統計をやるの?】

→ギャンブルで勝つため。

==================================================

まあ、強引な理屈も多々含まれておりますが、「問題の解き方」を教えるのが塾だったら、つまんないです。だって、所詮1週間に1時間か2時間そこらの授業を受けてるだけで、成績が上がるなんてありえません。家に帰ってやってみよう!と思わせる(=家庭学習につなげる)モチベーションを与えるのが、塾ですよね。翔英館はそんな授業を心がけたいと、常々思っています。

「何のためにやるんだよ?」と問われれば、高校までに学ぶ教科のほとんどすべてに「将来大人になった時に役にたつ、そんな意義」があると思います。

将来お仕事をするじゃないですか?その時、こんな事に役に立つ、って思いながらやってみましょう。

英語→誰かを相手にして仕事をする場合、日本だけじゃなくて海外を相手にできれば、対象の市場が広がって、売上もあがるから。
数学→世の中はすべて物理で成り立っていて、その物理の練習問題を扱うから。
現代文→文章読解のリテラシーも、言葉の能力もない人間に、日本で生きる資格がないから。
化学→化学の知識もなく、ガスコンロを使ったり、薬を飲むのは危険だからやめなさい。
生物→きみ、生物だよね?
物理→物理の中で生きているんだから、物理くらいやっとけ。
地学→地震が起こって、「津波が来るってよ!みにいこうぜ!」みたいな無鉄砲な人間にならないように。
日本史→自分の生まれた国がどうやって挫折と復活を繰り返してきたか知れば、誇りに思えたり、または反省できるね。
世界史→英語と一緒。よその国を相手にしてお仕事をするならば、相手の事を学びましょう。
地理→世界の情勢やこの星の成り立ちを知っておけば、グローバルに活躍できる人間になれるぜ!
政治経済→知らないと、何となくデモ運動をして、煽てられてテレビに出て無知を露呈するような恥ずかしい人になる。
現代社会→ずーっと家に引きこもっているつもりならば必要ないかも知れない。
古典→、、、、、、その、、、入試に出るし、、、あと、、、、昔の人の文化とか学べて、なんだか雅な感じで良い!「言葉って、変化するんだなぁ。毎年流行語が生まれるわけだなぁ」って思える!


、、、、ひょっとしたら「翔英館の先生ってバカなのかな?」と思われたかも知れませんが、とにかく「どうしたらわかりやすい説明が出来て成績が上がるか?」も当然ながら、「どうしたら興味を持ってくれるかな?」「どうしたら自分でも学びたいと思うきっかけを与えられるかな?」を常に考えてますよ、という事をお分かり頂ければ幸いです。

スポンサーサイト
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。