しょうえいかん観音校のブログが出来ました!

こんにちは。

翔英館の校舎は現在3つ。

翔英館はただ単純に「校舎の数」を増やしているのではなく、それぞれに特化された「使命」と「コンセプト」が存在しています。

今年春に開校した2校舎のうち、

旭校は「銚子本校のサテライト校」として、「銚子本校で指導している内容を鏡に映して運営する」という実験的取り組みの意味も含めて運営されています。

「校舎が新しく増えると、慣れ親しんでいたあの先生が移動して会えなくなってしまう!」

といった事が出来る限り起こらないように、という事で。
一斉授業や質問対応などは、インターネット回線を使って共有する事が可能です。
「銚子と旭は同じ教室」という概念で授業が行われています。
(演丸くん=自立促進型演習個別指導では実施されていませんが)

これは「双方向通信」ですから、ちゃんと先生と生徒さんのコミュニケーションが取れます。
一方的に授業を映像で見て終了、といったビデオ教材とは違います。
映像と音声のコミュニケーションだからこそできる事、もたくさんあります。
「映像通信だから授業がわかりにくい」という事も全くありません。

指導とは、「一方的に教えること」ではなく、「生徒と先生が話し合うこと」だと思っていますので、この部分は絶対に外せません(塾や学校には「教室の王様」が大勢います。生徒の出来なんてどうでもいいから、とにかく自分の言いたい事を言いたい、みたいな人。こういう塾の先生に教わると、成績は上がりませんし、不幸になります)。

さて、もう一つの観音校について(今日の本題です)。

観音校は「小学生・未就学児専用校舎」です。

「どうしてあんなに近くに別の校舎を作ったの?」とよく聞かれる様になりました。

翔英館には小さなこどもから、高校生・大人まで、たくさんの人が通学しています。
この中で、ここ数年反省してきた事&考えてきた事があります。

一つ目は、「低学年の子に優しくないなぁ」という事。
小学生が高校生と同じ校舎を使う場合、やっぱり小学生にとって高校生のお兄ちゃんお姉ちゃんは「畏怖の対象」だと思います。のびのび過ごす事が出来ない事が多いと思います(だって、小さな子にとって、高校生ってものすごく巨大な、、、、いってみれば、、、その、、、、なんというか、、、、「おじさん」「おばさん」みたいなものじゃないですか(^^;。

そういった意味で、中学生以上と小学生以下で校舎を分けて、どちらも快適に過ごせる環境を作りたい、と考えたところからスタートしています。

そして、二つ目。
これからの時代、「知識がたくさんある人」よりも、「問題解決力」「発想力」が長けている人が評価される時代になってくると考えた事です。

「何かを与えられる」「何かを与えられるまで待つ」様な人間は、すでに世の中に必要とされていません。
GoogleやYahoo!で調べても答えが出てこない物を考えつく人間が、必ず評価される様になります。
「物知り博士」は昔に比べて、必要とされなくなっているのです。

英語や数学といった「おべんきょう」をする場所の他に、「何かを作り出す教室=工場」を別に作りたいと考えたからです。観音校は、小さなお子様がのびのびと出来る空間になっています。「何かを作る」環境が整っています。

特に、「ウルトラキッズ」という取り組みでは、他の習い事にはないコンセプトがあります。

「お絵描きだけ」「工作だけ」「音楽だけ」ではなく、その全てを相乗的に学びながら、「創意工夫する力」や「発想する力」を養い、これから必要とされる問題解決力を持った大人を育てるための教室となっています。

《今までにウルトラキッズでやった事の例》
3月に開講して以来、毎週毎週、いろいろな課題にチャレンジしてきました。

11082597_1435761103388568_4036454744227178298_n.jpg



・プラ板を使って、ゼロから手作りのアクセサリーを作る
10264548_1435755256722486_6827746766105663227_n.jpg


・粘土細工をするのに、ゼロから「粘土を」作る
・作った「粘土で」オリジナルの人形を作る
・野菜作りのプロの人に、おやさいの事をおしえてもらう
・手作り写真フレームを作る
11130302_1439287339702611_6505103259827801670_n.jpg

・いろいろな楽器を作る
11174544_1445149122449766_6649216680247445421_o.jpg



・オリジナルのスタンプを作る
11258172_1458508417780503_3740674633139415996_n.jpg

・作ったスタンプを使って、世界に一つのオリジナル雨具を作る
・いろいろな味のオリジナルポップコーンを作って、どの味が美味しいか考える
11377270_1460507307580614_296498381230473158_n.jpg
➡︎ちなみに、キャラメル味以外にも、のりしお、粉チーズ、ココア、抹茶など、いろいろな味にチャレンジしてみました!

・「完成品」しか見た事がない、いろいろなおやつを自分で作ってみる
11660_1460507354247276_2357949777247060951_n.jpg


・いろいろな楽器に触れてみる
・みんなで楽器を演奏して、人と気持ちを合わせる気持ちを養う
・缶ぽっくりやパラシュートなど、懐かしいおもちゃを自分で作って、みんなで遊ぶ

などなど、、、、。これらの作品はどれも全てが世界唯一、全てが正解。
こどもたちは「最初からあるものを与えられる」ではなく、「自分で何かを作る」事が当たり前だと思う様になってきています。教室に入ってきてまず第一声は、「先生、今日は何を作るの??」ですから。

「ああ、世の中にあるすべてのものは、最初から出来上がっているのではなくて、誰かがこうやって作っているんだなぁ!」ですね。

(ちなみに、「やったらやりっぱなし」ではなく、「今日作ったもの」の「レシピ」を必ずお渡しして、「ファイル」しています。毎週毎週「財産」が増えていきます。)

たまーに、こういう人に出会います。

「買ってきた方が早いでしょ?作るのなんて、面倒くさいし。だからうちでは全部買っちゃう!」

まあ、確かに買った方が早いかも知れません。

でもそれは、「自分が欲しいと考えているもの」に「ちかいもの」を選んでくる、という事ですよね?つまり「あるもので我慢している」という事じゃないですか。

もし、「自分が本当に欲しいものを、パーフェクトに作り出す力」を持っていたとしたら、、、、?そして、他の人から「こういうものが欲しいんだけど」とお願いされて、それを実体にする力を持っていたとしたら、、、尊敬されませんか?

「本に書いてあったから本当です」「ニュースでやっていたから本当です」とは限らないじゃないですか。
「本当?ちょっとやってみようか?」が出来る環境が、ウルトラキッズにはあります。

このマインドを、「リサーチ&プラクティス」と言います。

楽器一つ演奏するのだって、「こうしときゃ音が出るから」では済ませません。どうしてこの音が出るのか?のメカニズムを理解してもらいます。しくみを理解する事によって、「これじゃダメだから、こうしてみよう」という発想が出来上がります。すぐに諦めない強い気持ちをもった人になれます。

小さい頃からこの癖がついたこどもたちは、

(ちょっと大げさかもしれませんが)

最強の大人

になれます。

そんな観音校のブログが出来ましたので、ぜひご覧になってください!
スポンサーサイト

暑さ・イライラをぶっとばせ!

こんにちは!

いよいよ6月。そろそろ関東地方も梅雨入りの季節でしょうか?ジメジメムシムシなシーズンの到来ですが、気持ちだけは晴れやかにスカッと過ごして行きましょう!

6月は期末テストのある学校も多いですが、翔英館ではしっかりと定期テスト対策も行います(もちろん、普段からの自力での準備が一番大切です)。銚子中、銚子第五中、銚子第三中、銚子第一中、波崎第一中、旭第二中など、それぞれの学校に合わせて対策授業を行いますよ!

また、14日には「いろいろながっきとなかよくなろう!」と題して、仮面ライダードライブの主題歌「Suprise Drive」を皆さんとご一緒に演奏するイベントが行われます。こどもから大人の方まで、どなたでも無料で参加可能です。

同じ14日に、千葉駅近くの「京葉銀行文化プラザ」で、「大学進学相談会」が開催されます。翔英館が所属する千葉学習塾協同組合主催の、首都圏最大級の大学進学相談会。高校生は是非そちらに参加してください。入場無料、入退場自由です。

2015大学進学相談会チラシ_ページ_1

↑クリックで大きくなります。


梅雨にも暑さにも負けず、翔英館スタッフも元気いっぱいがんばりますので、皆さんも一緒にがんばりましょう!

======================================
《最近思った事》
皆さんにとっての「新入学・進級」の時期は3月4月ですから、例年塾はこの時期が大忙し。

逆に5月を過ぎれは、塾への新入学も落ち着いてくるのですが、今年は5月を過ぎても翔英館に入学して下さる方が止まりません(大変ありがたいことです)。特に、(まだ3日ですけど)6月の入学者数は既に過去最高の人数になってしまいました。皆さんのお役に立てれば、とっても嬉しい!

はい。随時入学は受け付けていますので、「春先も過ぎたし、翔英館に入学するチャンスを逃した!」なんて言わずに、お気軽にお問い合わせください!

「チャンスとは、今そうするべきだと思った瞬間」ですよ!

★無料体験入学を希望された人には、もれなく翔英館ボールペンを差し上げますよ!

詳しくは、ウェブサイトから。
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク