スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題とその意味。

こんにちは。
図1

翔英館は4月29日(日)〜5月5日(月)まで、GW休みになります。
正規授業は行われませんが、緊急の用事がある場合は、以下のメールアドレスまでお願いします。

info@shoeikan2001.com

すぐに返信は出来ないかも知れませんので、ご了承ください。

さて、最近益々強く思う事。
それは、「その課題、意味があるの?」です。

中高生の生徒たちがヒーコラ言いながら「課題が終わらない」と愚痴っている事をよく目にします。
中身を見せてもらって、「これをどうやって遂行しろという指示がでたの?」と聞いても、「とりあえず何日までやってこいって言われました」と。

問題ありそうなので「どういう課題か」はここでは具体的には述べませんし、どの学校で出た課題なのかも細かくは伝えませんが、一言で言うと、「時間を奪っているだけであまり意味のない課題だなぁ」と。学校側は、「一応課題」を出しておかないと、家では全く勉強しなそうだから、一応、という感じなのかもしれません。

ただ、実際に「学校の課題が多すぎて。本当にしたい勉強が出来ない」と言っている子も存在します。
やるなら、出すなら、「意味のあるものを」「しっかりと遂行手順の指示を出して」身について意味のある物にしてほしいな、と思っています。「まだ習っていない箇所」を、「とりあえずやっといて」みたいな感じで出す、意味不明な課題も多いです。

これをする事によって、どのような効果があるのか?なんの意味があるのか?を伝えずに課題を出す先生がほとんどだと思いますが、
遂行する生徒たちが「意味あるの?」と思いながらやる課題など、苦行でしかありません。
苦行を課せば、その教科は嫌いになります。
嫌いになれば、進んでやることはありません。
進んでやらないのであれば、間違いなく成績は伸びません。

苦行や強制からは、何も生まれない。

「勉強はつまらないものだから、我慢して嫌々するものだから」
という理屈を、(そこらへんの人だったらともかく)当の先生が諦めてはダメでしょう。
「学校は、勉強だけを教える場所ではないから」という屁理屈を言ってきた先生もいますが、いやいや、それでも勉強は教える場所ですから。

スポンサーサイト

誰かのために、やってみよう!

よくある質問と相談。
演丸くん風景

やる気はある。やらなければいけないのもわかってる。
でもやらない。

人間は面倒くさがりですから、こういう事ってありますよね。

「結局は自分のためだから!」「誰のためでもない、自分のためにやるんだ!」
こんな当たり前のきれいごとを言われたって、「ああ、そうか。じゃあ自分のためにやろう」だなんて簡単に思えるはずがありません。
自分の最大の敵は自分。自分、めっちゃ強いです。
簡単に自分を打ち負かしてくる。

だから、自分に勝つことは本当に困難なのです。

そこで方向性を変えて、誰かのためにやってみたらどうですか?
自分の行きたい大学、行きたい高校、行きたい中学に受かったら、きっとお父さんやお母さんは喜んでくれるだろうな、って。

これは不純な動機でもなんでもありません。

人間は、「自分さえよければそれでも良い」という環境ではなく、「誰かのためにやる」気持ちがあると、持っている以上のパワーを出せることがあります。誰かのためにやったって、それを喜んでくれる人がいれば、きっと自分も嬉しくなります。

「自分さえよければ」で行動すると、成功したって喜ぶのは自分だけ。
「人を喜ばそう」で行動すると、相手が喜んで、結局自分で喜ぶので、みんなで喜べます。
その方が嬉しさは大きくなります。

親友。

市内の小中高校は本日が入学式。

名称未設定

新しい制服やランドセルに身を包んだ、「新しい仲間」が市内でも大勢発見できます!
特に高校の場合は、「同じ中学校の子」だけでなく、それ以上に「初めて出会う人」と新しくお友達になれるチャンスですね。

「親友」という言葉があります。
小学生、中学生、高校生のみなさんは「親友」がいますか?
英語にすると「good friend」や「close friend」と訳す場合もありますが、小中高校生の皆さんにとっても「親友」は、まだまだ「close friend(近しい友達)」に過ぎないかもしれません。

でも、そのclose friendは、将来的なgood friendになる可能性があります。
可能性がある、という事は「まだまだgood friendとはいえないかもしれない」という事です。

中学校を卒業して高校に進学する場合は、ほとんどのケースは「近隣の高校」に進学しますし、結局は同じ場所に住んでいますので、高校が離れたからといって、「会えなくなってしまう」訳ではありません。

でも、高校を卒業して大学や専門学校に進学したり、就職をすれば「それぞれ別の人生」が始まるわけです。
住む場所が離れ、それぞれ別の生活が始まる。それでも会ってお話しする人は、きっとgood friend候補です。

大学を卒業して、それぞれ就職すれば、また別の生活が始まります。
それでも会って話す友達が、今度は結婚する、子供が生まれる、などの転機があれば、会ってお話しする時間はどんどん削られていくと思います。

それでも「たまに会って話そうよ!」と言える仲。それはきっとgood friendだと思います。
そう、30歳を超えて、それでも交流があるお友達は、きっとgood friend。ですから、本当の親友かどうかがわかるのは、まだまだ先のお話しだと思います。

友達とは。
毎日会っておしゃべりをしたり、一緒に学校に帰ったり、そんな事ではありません。
普段は離れた場所にいて、普段はあまりしゃべらなくても、「あいつ、元気かな?会って話したいな!』と思える人が、きっとお友達だと思うのです。

そのgood friend候補が一番見つかりやすいのが、高校時代だと言われています。

どうしてか?
おそらく、「友達の切磋琢磨する姿」が一番見えやすい時期だからだと思います。
「あの子、すごいな!」「あいつ、頑張ってるな!」という友達の「本質」が見えるのです。
遊んでいる時、おしゃべりしている時だけをみているのでは、「どういう実力の持ち主なのか」がわかりにくいので、「いざという時」の友達の姿が見えません。時には「全然気が合わない子」が親友候補だったりする場合もあります。

「おしゃべりして楽しい」だけではない、正しいお友達の見方をしていきましょう!

新年度スタート!

こんにちは。
銚子市の塾予備校、翔英館です。

明日より翔英館では、「新学年」での授業がスタートします。
この1ヶ月、入試、入試の対応、新年度説明会など、本当に色々とありまして、少しこのコラムもサボってしまいました。

受験シーズンが終わると、いよいよ卒業式ですね。受験生たちは入試の結果も少しずつ報告してくれています。
この日のために翔英館はあるのですが、結果の報告が楽しみのような、楽しみではない様な、ドキドキの日々を過ごしています。

28170409_1565866866862260_1448429787_o.jpg

さて、新年度説明会もほぼ終わりましたが、3月11日(日)13:00〜14:00で、本年度最後の説明会が行われます。
特に新中学1年生ではいよいよ千葉県の公立入試が一本化。新高校1年生からは、大学入学共通テストの代となります。

「お父さんの頃はこうやって勉強した」「お母さんはこうやって合格したよ?」が全く役に立たないどころではなく、「一個上の先輩もこうしていたから」すら通用しない学年となります。

世の中は大きく変動しています。だから我々も「今までがこうだった」ではまずいですよね!

<市立銚子高校定期テスト対策のお知らせ>
3月5日、7日、8日で、定期試験対策授業を行います。翔英館生以外の方のご参加も大歓迎です!

千葉県入試1日目終了。

本日は千葉県公立高校入試1日目。
受験生の皆さんはお疲れ様でした!

2月風景
(ところで、こうやって生徒たちの写真を載せていると、「顔が映らない様に」という事で後ろむきだったり、カリカリやっているところばっかりになっちゃって、さも翔英館はピリピリムードの塾なのか、みたいなイメージを植え付けそうですが、別にそんな事ないです。誤解です。結構楽しげにワイワイやっていても、「やるときゃやる!」のが翔英館のスタイルです。)

さて、話を戻しまして。本日の入試。
生徒たちは朝から戦場に向かい、同時に翔英館校舎内でも「戦場」と化しておりました笑

地元銚子テレビ放送で夕方18:00から放送される「入試の解答解説番組」を担当しておりまして、即ちそれはこちらも問題全てに目を通し、「分かりやすい解説をつける」という事であって、しかも去年は「生放送」だったので「夜まで時間が稼げた」のですが、今年は諸事情により「全て前撮り」となりまして、、、。かなりピリピリした状態で、解説の映像撮りがありました。

生徒たちが試験が終了するのが15:30ですから、そこから問題を入手して、解答して、なんてやっていたら当然時間が足りません。ですから翔英館ではとあるルートを使って毎年「早めに問題と解答を入手」しています。

問題を解答し、選定し、スタッフと打ち合わせて問題の画像変換を行い、解説用のプレゼンテーションを作り、使用するデータをテレビ局の方にお渡しし、カメラマンの方が昼過ぎから常時校舎内にスタンバって、「国語」「数学」「英語」「理科」「社会」「入試概要」の6セクションを順番に収録して、ピストン輸送でテレビ局にお渡しし、合間に入試から帰ってきた生徒たちの記述や作文の添削を行い、最後の「社会の解答解説」の収録が終了した18:00に「やった!終わった!」と思ってテレビを見たら、「あ、もう番組が始まっている」という相当なタイトスケジュールでした笑

いや、銚子テレビ放送のカメラマンやディレクターなどの方々、本当にありがとうございました!
本日は18:00〜20:00の放送でしたが、2/14(水)も、16:00〜17:00と22:00〜23:00で再放送されます。

さて、肝心の生徒たちは。
昨日は入試前日の必勝答練を行いました。通常の時間よりも15分短い時間で5教科を一気に解答し、「本番はこれよりも楽だ」という感覚を植え付けました。校舎に帰ってきた生徒たちはひとまず「やりきった」感の笑顔。自己採点及び作文や記述の添削などのお手伝いをして、「得点」がほぼ確定。良い結果になりますように!

ところであんまり関係ない話ですが。
(決してうちに通っている子の保護者の方ではないのですが)この辺りでは少しばかり偏差値の高い私立高校に合格して進路決定した子のお母様が、本日公立高校入試を受けている子たちを「この辺の高校はみんなレベルが低い。それに引き換えウチの子は」的に腐している、というお話を聞きました。

せっかく出来るお子さんでも、お母様が「その様な態度」だと、その子の評価まで下がって、頭の中の底が知れちゃいますよ。
頑張っている子たちを愚弄するその態度は許せません。もしこのコラムを見て、「私の事だ」と思ったら、遠慮しないで連絡してください。受けて立ちます笑 

世の中はもっと広い。この辺りに近隣の高校を完全に見下しても良い様な高校はありません。というか、そんな事はどこに通っても許されません。

いよいよ公立高校入試!

こんにちは。
銚子旭神栖の塾予備校翔英館です。

2月13日(火)、14日(水)はいよいよ千葉県公立高校入試前期選抜の日です。
2月風景

翔英館の「入試向け」スケジュールのご案内。

2/11(日)は、13:00〜20:00で、中3生向けの質問対応を行います(銚子本校のみ)。
2/12(月)は、17:00〜20:00で、直前必勝答練!(銚子&旭)
2/13(火)の本番当日は、①入試終了後、校舎で採点を行いますので、必ず来てください!
      また、18:00〜20:00で、「解答と解説の番組」を銚子テレビ放送で担当します。

入試の5分前まで学力は伸びる!
あとは適度に緊張して、適度にリラックスして、今までの成果を出せるかどうかです。

がんばろう!がんばれ!ではなく、一緒にがんばろう!

もう1ヶ月、、、経っちゃっいましたね。

こんにちは。

銚子、旭、神栖の大学高校中学受験、学習アドバイザーの翔英館です。

さて、早いものでもう今年も1ヶ月が経過。
高3生はぼちぼち受験ロードへ旅立ち、中学生は私立高校の合格者が出ています!
私立高校は全員合格!やりましたね!今年合格した高校は、

成田高校
千葉敬愛高校
敬愛大学八日市場高校
横芝敬愛高校
千葉黎明高校
千葉学芸高校
鹿島学園高校

でした!ほとんどの生徒さんは敬愛八日市場を受験する土地柄ですが(実際に翔英館でもほとんどの生徒さんが受験しています)、「みんなと一緒」ではなく、自分の目指す進路を自己判断して、様々な高校を受験した子がいた、という事です。

次は公立高校入試前期選抜ですね!

さて、新年度説明会のお知らせです。
2018説明会画像

今年のテーマは「生き残る。」です。
ちょっとオドロオドロしいテーマですが、生き残らないと!

つい数十年前までは「落ちる(没落する)」時って、「ストーン」って崖から落ちる様に落っこちていくのが普通だったのが、今の時代は、真綿で首を絞められる様に、じわじわと落ちていく、事が普通になっているそうです。
つまり、「気がついたらいつの間にかズルズルと、、、」という事。自分自身は前と全く変わっていないつもりだったのに、いつの間にか沼地にはまって抜けられなくなっている。いつの間にか自分の相対的な立ち位置が下がっている。

こっちの方が怖くないですか?
これは、現代の情報の発信源が多くなって、誰でも情報の発信受信が手軽にできる様になった代わりに、世の中の変化がそれだけ激しくなっている、という事なのです。

もちろん昔だって、「刻一刻と」世の中は変わっていたんですよ?でも現代は、それを「やろうと思えばリアルタイムですぐにキャッチできてしまう」という事。いや、「キャッチしている人もいる」という事。誰でもやろうと思えばできる事を、ボケーっとして何もキャッチしないという事は、「自分だけが取り残される」という事じゃないですか?

気がつかないうちに、世の中のいろいろな仕組みが変わっていて、気がつかないうちに時代遅れと言われてしまう。
気がつかないうちに、「今のままではついていけないよ」と言われてしまう。

だからこそ、生き残るために「世情の変化を具(つぶさ)に観察する事」はとっても重要ですよね。

例えばですよ。
「もう、英語、数学、国語なんていうくくりはなくなる時代が来ますよ!」と言われたら、「えっ?」ってなりません?そして、「実際にそんなくくり方をしない入試はとっくの昔から山ほどありますよ」と言われたら、さらに「えっ?」ってなりません?

この様な変化に、フレキシブルに対応できるのは、実は翔英館みたいな小さい塾なんですよ(^^) 
(どうしてか、は当日お伝えします)。

翔英館では、「そんな事」も含めた、新年度説明会を以下の日程で開催します。

2018説明会画像2

翔英館生だけではなく、「翔英館に興味があるなぁ」という人、「塾選びをしている」という人。大歓迎です!
以下の4つの方法でお申込みいただけます。

<お申し込み方法>
 ① お近くの校舎まで直接お申し込み:
  ✳︎銚子本校    千葉県銚子市西芝町13-16 (銚子駅徒歩2分)
  ✳︎旭校      千葉県旭市ロ637   (旭駅徒歩30秒)
 ② お電話にてお申し込み:
  フリーダイヤル0120-174149(本部受付センター)までご連絡下さい。
 ③ e-mailにてお申し込み:
  「生徒様ご氏名」「学年」「在籍校」「電話番号」を明記の上、
  info@shoeikan2001.comまでお申し込み下さい。
 ④ webサイトよりお申し込み:
  「翔英館」で検索するか、QRコードを読み込んで、webサイトの中央の「説明会ご参加」ページよりお申し
  込み下さい。

2

または、こちらをクリック!
http://shoeikan2001.jp

<お申し込み締め切り>
  各説明会の前日21:00までにお申込みください。 

みなさんのご参加をお待ちしております!

2月の無料講座のご案内!

受験真っ最中でありながら、新年度準備直前です。
翔英館冬の風景6

翔英館では、各学年で「無料講座」を大出血プレゼント!
小学校6年生から高校2年生まで、すべての学年で無料講座を用意しています。
すべて、銚子本校&旭校で無料開催
翔英館生以外のご参加も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

【小学6年生】
中学準備先取り講座

<日時>2月中の毎週土曜日16:00〜18:00(英語数学)
→もうすぐ中学生!算数が数学に、英語も本格化!
まずは翔英館で助走をつけませんか?

【中学1年生】
おさらい&先取り講座

<日時>2月中の毎週金曜日19:00〜21:00(英語数学)
【中学2年生】
おさらい&先取り講座

<日時>2月中の毎週木曜日19:00〜21:00(英語数学)
→次の学年に進む前に、取りこぼしてしまった箇所のおさらいをしませんか?
「ちょっとサボっちゃった、、、。」という人も、「先に進んでおきたい!」という人も、おすすめです。


【中学3年生】
公立高校入試前期直前必勝答練

<日時>2月12日 17:00〜20:00(英数国理社)
→公立高校入試前日。最後の最後の最終チャレンジ!
入試予想問題を解答して、自信をつけよう!


【高校1年生】
二次関数大特訓

<日時>2月9日/16日/23日 金曜日20:00〜21:00(数学)
→高1生の大の苦手、二次関数に特化した特別講座です。


【高校2年生】
入試英語実践問題研究会

<日時>2月中の毎週金曜日19:00〜21:00(英語)
→センター試験まであと1年!様々な大学の入試問題を研究し、解説します。
問題形式、落としてはいけない問題の見極め方、得点を稼ぐテクニックを伝授します。

繰り返しますが、すべて無料!
ぜひお問い合わせください!

0120-174149
http://shoeikan2001.jp

こちらからインターネットでお申込みをする事も可能です。

お待ちしております!

本日は私立高校入試!、、、と無料スペシャル講座のご案内

センター試験も終わりましたね。
IMG_14801.jpg


やっぱり人生初の「本番」は、みんなとっても緊張した様ですね。
「思う様に実力を出せなかった!」という子もいましたが、まあまあ、そんな場合は最後の模試だと思って、私大入試や国立二次に頭を切り替えましょう!よかった人はそのままの調子で!

ちなみにムーミンの舞台で揉めている様ですが、ムーミンの舞台は「ムーミン谷」が正解です笑

さて、本日はいよいよ私立高校入試
こちらもほとんどの子にとっては、人生初めての「本番」です。
翔英館では、直前までインフルエンザにかかっていた中3生も数名いたのですが、何とかギリギリセーフでしょうか?
元々そんなに私立高校の選択肢が少ない地域ですが、今年の受験生は、敬愛八日市場、横芝敬愛、千葉敬愛、鹿島学園、千葉黎明、成田と各地6箇所で勝負しました。

みんな、笑顔で帰ってきてね!
まずは勝利といきましょう!(^^)

さて、受験生だけではありません。
他の学年の子も、来年度に向けてロケットダッシュ!
翔英館では、2月に以下の各講座を開催予定です!

小学校6年生(新中1)対象:新中学準備講座(英語・数学)
中1・中2(新中2・中3)対象:おさらい&先取り講座(英語・数学)
高2(新高3)対象:入試実践鍛錬講座(英語)


なんと、すべて「無料」で受講する事が可能です。
翔英館生だけではなく、塾に通っていない方、他の塾に通っている方も、無料です!
ぜひ、お申込みください!詳細は、追って!

小学校6年生(新中1)対象:新中学準備講座(英語・数学)
→小学校と中学校の学習の違いを意識しつつ、「スムースに」中学校生活をスタートするための講座です。

②中1・中2(新中2・中3)対象:おさらい&先取り講座(英語・数学)
→次の学年に進級する前に、取りこぼしてしまった部分をおさらいし、さらに新学年の先取りをしませんか?「サボっちゃったなぁ」という人は、チャンスです!

③高2(新高3)・高1(新高2)対象:入試実践鍛錬講座(英語)
→1年後の入試を見据えて、各大学の実戦問題を使いつつ、学習しましょう!英語は文系理系問わずに大切な教科!自分の実力を知る良い機会です!


是非翔英館の授業を体験してください!(^^)b

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

大学入試センター試験。

センター試験、ラスト3。
冬期講習2017⑦
明日は最後から3番目のセンター試験です。
毎年毎年言っていることですが、
「頑張ったから悔いはありません!(笑顔)」は嘘です。

頑張ったら結果が出なけりゃ悔しいに決まってますよ。
これはオリンピック選手などが言う言葉ですよね。
自分のベストタイムが10秒の人は、平均タイムが9.7秒の人にはなかなか勝てない。
こんな時、「勝てなかったがベストを尽くした!」という時に言う言葉です。
入試は誰でも「満点」までは取れます。勝てない試合ではない。
一緒にしたら困ります。

悔しかったら泣いてもいいです。
良かったら嬉しくて泣いてください。

できれば嬉しくて泣いてください。

君たちのそばに付いている!
プロフィール

SHOEIKAN

  • Author:SHOEIKAN
  • 総合教育商社翔英館の日記へようこそ。

    【総合教育商社翔英館のウェブサイト】
    http://shoeikan2001.jp

    【総合教育商社翔英館のfacebookページ】
    http://www.facebook.com/pages/総合教育商社-翔英館-SHOEIKAN/238277729567715

    【総合教育商社翔英館のTwitter】
    http://twitter.com/shoeikan2001
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。